ホームページ制作承っております 詳細はこちら

初心者向け!ブログキーワード選定のやり方【おすすめツールと分類方法】

こんにちは、Web集客デザイナーのSakiです!

この記事では、初心者の方向けに、ブログを書く時のキーワード選定のやり方について解説しています。

Saki

今回はおすすめのツールとして「Ubersuggest」の使い方をご紹介しています!

この記事の内容
  • 初心者におすすめのツールをご紹介
  • キーワードリサーチのやり方
  • リサーチ後のキーワードの分類方法

ホームページで集客するには、SEOに強いブログを書く必要があります。

そしてSEOに強いブログを書くには、キーワード選びがとても重要になります。

これからブログを書き始める方、ブログを書いているのに集客に悩んでいる方、ぜひこの記事を参考に適切なキーワードを探してくださいね!

目次

初心者におすすめのブログキーワード選定ツール

キーワード選定のツールには、主に2つの用途があります。

  • キーワードの検索ボリュームを調べる
  • 関連キーワードを探す

ツールには、どちらか一方だけ調べられるもの、両方を調べることができるもの、などさまざまです。

キーワード選定ツールには、無料から有料までいろんなものが存在しています。

有名なものでいえば、キーワードプランナーやUbersuggest、ラッコキーワードなど。

その中でも初心者の方におすすめなのは、1つのツールで両方を調べられるものです。

初心者にはどのツールがおすすめ?

とくにキーワード選定を始めたばかりの「超初心者」の方は、1つのサイトで完結する簡単なものがおすすめです。

Saki

まずはキーワード選定に慣れることが大切です!

1つのサイトで完結、しかも無料で利用できツールは、キーワードプランナーかUbersuggestです。

そして私が「超初心者」の方におすすめするのはUbersuggestです。

Ubersuggestはよくキーワードプランナーと比較されていますが、どうしてUbersuggestがおすすめなのか、解説します。

キーワードプランナーとUbersuggestの違い

ざっくりまとめると以下のような感じ。

キーワードプランナー

メリット

  • 無料で利用できる
  • 検索回数無制限

デメリット

  • Googleアカウントが必要
  • 無料だと大まかな数値しか分からない

Ubersuggest

メリット

  • 無料で利用できる(機能制限あり)
  • 正確な数値が出る
  • Googleアカウント無しでも使える

デメリット

  • 検索回数(1日3回まで)

それぞれメリットデメリットがありますが、確認したいのは「データの正確性」です。

キーワードプランナー

Ubersuggest

  • キーワードプランナー→「1000~1万」
  • Ubersuggest→「3,600」

どちらも無料利用の場合ですが、キーワードプランナーは大まかな数値に対し、Ubersuggestは細かく数値が出ています。

キーワードプランナーは広告を出すことで、詳細な数値まで表示してくれるようになります。

別にこれでも問題は無いですが、初心者の場合はしっかりと数値が出ている方が、選ぶべきキーワードの比較がしやすいです。

もっと細かい部分をいうと、Ubersuggestでも無料利用では、検索者の年齢を調べたりが出来ないなど制限があります。

ただ、年齢なども初心者の方の最初のキーワード探しには、なくても大きな影響はありません。

どんどん記事を書けるようになり、もっと詳細なデータが欲しいと思った時に、有料プランに入るなりしてみてください!

Saki

キーワード選定に慣れてきたら、いろんなツールを試してくださいね!

というわけで、この記事ではUbersuggestを使ったキーワード選定方法をご紹介していきます。

ブログを書く時のキーワード選定のやり方

ここからは、実際のキーワード選定のやり方を解説します。

以下の流れで進めていきます。

  1. メインのキーワードを考える
  2. Ubersuggestでキーワードの検索ボリュームを調べる
  3. 調べたキーワードを分類する
  4. キーワードの競合をリサーチ
  5. キーワードを使ってブログ記事を書く

メインのキーワードを考える

まずは、サイトのメインキーワード(テーマ)を考えます。

いろんな情報を載せる雑記ブログではなく、テーマを絞ることで専門性も高まり、SEO対策もしやすくなります。

今回の解説では、私にご依頼いただくのはサロン関係のお客様がが多いので、「骨盤矯正」をテーマとしたサイトと想定します。

Saki

自分のサイトで発信する内容の、1番のキーワード(テーマ)を考えてくださいね!

Ubersuggestでキーワードの検索ボリュームを調べる

まずはUbersuggestのサイトへアクセスします。

言語の切り替え

最初は英語表記になっていますが、必要に応じて左上の部分から「日本語」に切り替えてください。

メインキーワードの検索

  • 左側のリストのキーワード→「キーワード概要」を選択
  • 入力欄にメインキーワードを入力して検索
Saki

今回は「骨盤矯正」と入力しています!

  • 少し下にある「キーワード候補」から「キーワード候補を全て見る」を選択

これがキーワードに対する検索ボリュームの一覧です。

フルリール

関連キーワードも出してくれてるよ!

  • ボリューム→月間の検索数
  • CPC→Googleでのクリック単価
  • 有料難易度→有料検索した際の難易度
  • SEO難易度→SEOの難易度

見るべき項目は、「ボリューム」・「SEO難易度」です。

今回SEOの難易度は、易しいから順番になるよう並べ替えています。

右側のSEO難易度は、このような数値で色分けされています。

Saki

タブから、自分で難易度の数値を変更することもできます。

調整ができたら、データをダウンロードします。

  • 「CSVで出力」タブ→「全てをエクスポート」

エクセルのデータでダウンロードされるので、開いて確認します。

キーワード・検索ボリューム・SEO難易度以外の項目は、必要ないので削除しています。

派生キーワードの検索

必要に応じて、メインキーワードから出た関連キーワードをさらに検索したりもします。

今回はメインキーワードから関連で出された「骨盤矯正 産後」を検索します。

このように骨盤矯正 産後から関連されるキーワード候補が出されます。

先ほどと同じ手順でデータをダウンロードし、開きます。

検索ボリュームを確認すると、月に10回しか検索されていないキーワードなども含まれています。

  • 検索ボリューム「0~49」までのキーワードは削除しておきます。

検索回数が少なすぎるキーワードでブログを書いても、全然読んでもらえません。

内容によっては書くのもありですが、労力が無駄になる可能性が高いので、少なすぎるものは基本的におすすめしないです。

こちらが0~49までを削除したもの。

メインキーワードからの派生キーワードは、4つのみになりました。

  • 先ほどのメインキーワードをまとめていたシートに貼り付け

いくつかの派生キーワードから、これらを何度か繰り返して、1つのシートでまとめておきます。

調べたキーワードを分類する

ここからは、調べたキーワードを分類ごとに分ける作業をおこないます。

分類に分けることで、さらにまとめやすく、記事も書きやすくなります。

こちらが分類でまとめたシートです。

SEOの難易度は、Ubersuggestを基に振り分けています。

  • 0~35→易
  • 36~69→中
  • 70~100→難
フルリール

色を付けておくと分かりやすいよ!

記事を書くときは、易→中→難の順番に書いていきます。

キーワードの競合をリサーチ

記事を書く前に、そのキーワードの競合リサーチもしておきます。

Ubersuggestでキーワードを検索したとき、下の方にスクロールすると「コンテンツ候補」が出てきます。

そのキーワードで上位表示されている、競合サイトがピックアップされています。

どんなタイトルを付けているか、どんな構成や内容で書いているかを確認しておきます。

また、実際にGoogleでキーワードを検索して、サイトの強さも確認します。

ランキングサイト、大企業のサイト、広告で出しているサイト…などのサイトには、個人サイトでは勝てません。

どんなサイトが上位にきているかをチェックして、上記のようなサイトが占めている場合、潔くそのキーワードはあきらめましょう。

頑張って書いてみるのもいいですが、個人のサイトで勝つことは難しいので、極力避けることをおすすめします。

キーワードを使ってブログ記事を書く

あとは、選定したキーワードを使ってブログ記事を書いていくだけです。

記事がSEOで反映されるのは、だいたい3~6カ月が目安となります。

最初はなかなかアクセス数も増えませんが、めげずにコツコツ記事を投稿していきましょう!

Saki

効率よく記事を書く手順は、下記の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

まとめ:キーワード選定をして集客できる記事を書こう!

この記事では、初心者の方向けに、ブログを書く時のキーワード選定のやり方について解説しました。

キーワード選定は、ホームページやブログで集客するのに欠かせない作業です。

しっかりとキーワード選定をおこなって、集客できるサイトを育ててくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる