当ブログテーマ【SWELL】を使った正直な感想 詳しくみる

ドウシシャの焼き芋メーカーはねっとり焼き芋が簡単に作れた!【レビュー】

こんにちは、さくらこです!

秋冬はもちろん、年中あまくてねっと~りな焼き芋が食べれたら嬉しいですよね♪

私は焼き芋が大好きなんですが、家でも手軽に作れたらと思い、この度ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】を購入してみました!

結論は、焼き芋好きなら買う価値あり!!の商品です。

この記事では、ドウシシャの焼き芋メーカーについてレビューをしていきます。

さくらこ

自宅で本格的な焼き芋が作れて、大満足の商品です!ぜひ最後まで読んでくださいね!

目次

ドウシシャの焼き芋メーカーをレビュー「簡単にねっとり焼き芋が作れた」

見てください!これ、自宅で自分で作った焼き芋なんですよ!!

さくらこ

ドウシシャの焼き芋メーカーを使えば、お店で買うような、ねっとりとろ~りな本格的焼き芋が簡単にできました!

それではさっそく、ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】の説明をしつつ、焼き芋を作る過程をご紹介していきたいと思います!

ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】の説明

まず、見た目と入っているものはこんな感じです。

  • 本体
  • 説明書
  • 焼き芋用プレート上下
  • ホットサンド用プレート上下
  • レシピ集

肝心の焼き芋用のプレートが写っていませんが(汗)

さくらこ

後述していますが、ドウシシャの焼き芋メーカーは、焼き芋だけでなくホットサンドも作れるんですよ♪

スクロールできます
商品名焼き芋メーカー タイマー付き
型番WFV-102T
電源AC100V 50-60Hz
定格消費電力1000W
電源コード長さ約1.4m(タイマーから電源プラグまで)
温度調節範囲LOW~HIGH(約100°C~約200°C)
タイマー最大約60分
寸法(約)収納時:幅35×奥行25×高さ15cm
質量焼き芋プレート使用時: 約 2.8 kg
平面プレート使用時: 約 3.0 kg
収納時: 約 3.7 kg(本体+プレート2種)
付属品焼き芋プレート×2、平面プレート×2、オリジナルレシピ×1、
取扱説明書・保証書×1
さくらこ

ていうか商品名が「焼き芋メーカー タイマー付き」って合ってる!?公式から持ってきた情報だけど、シンプルすぎない?(笑)

本体をオープン!!

このように上下にプレートをセットします。

(あ、ちなみにこちらが焼き芋用のプレートです。)

プレートは、この手前にある小さなちょぼのボタンを押すことで、簡単に取り外しできます。

一応ホットサンド用に入れ替えたものも写真を載せておきます。

さくらこ

1台でいろいろ楽しめるなんて嬉しいですよね~♪

、、ということで、機械についてのご紹介はこの辺にしておいて、皆さんお待ちかねの(?)焼き芋を作ってみた感想をレビューしていきます!

ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】で焼き芋を作ってみた!

まずはこのように芋をセットします。

結構大きめの芋が入るようになっていますが、大きすぎる場合はご自身でカットしてくださいね!

さくらこ

今回は「紅はるか」を使用しています!

フタの上についている温度調節器を「HIGH(高)」にします。

温度は「小・中・高(約100°C~約200°C)」から選べるので、食材に合わせて自分の好きなものにすることができるんですよ!

今回は付属のレシピ通りに進めています!

次はタイマーをセットします。

5~60分で選ぶことができますが、レシピ通りに40分にしています。

あとは放置するだけ!!これだけで40分後には美味し~い焼き芋ができちゃうんです!

さくらこ

とっても簡単でした!

40分後、ワクワクしながらオープン!!

焼き芋の甘い匂いが部屋中に広がります。

でも本当に焼けているのか?と少し疑いながら、爪楊枝を入れてみると、スッと下まで通りました!

じゃあさっそく食べちゃおうと芋を持ち上げると、、

見てください!この蜜!!!

上からは分からなかったけど、下にはこんなにも蜜が溢れ出していました。(もったいない!!笑)

焼き芋を割ってみるとこんな感じ。

見た目・焼き具合・匂いすべてが完璧です!

肝心の味はというと、、「めっちゃ甘~‼ねっとりたまらん‼♡」

これ自分で作ったの!?と思うほどのクオリティで、「もう最高!」の一言に尽きます。

もうお店で買う必要ないかも!

もうね、お店と変わらないおいしさです。

私はこれまでスーパーから専門店まで、いろんなところで焼き芋を買って食べていました。

でもドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】で作ってからは、「もうお店で買う必要ないな」と思うぐらい、自宅でおいしい焼き芋を楽しめています!

わざわざお店で買うの面倒とか、自宅ですぐに本格的で美味な焼き芋が食べたい!って方には、めちゃくちゃおすすめしたい商品です!

さくらこ

焼き芋好きな方、一緒に焼き芋ライフを楽しみましょう!

ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】のデメリット

最高においしい焼き芋が作れるドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】ですが、あえてデメリットを挙げるなら2つです。

  • 片付けるときに場所を取る
  • 値段がちょっと高い

片付けるときに場所を取る

ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】は、片付けるときに場所を取るのがデメリットです。

収納時のサイズは下記です。

収納時:幅35×奥行25×高さ15cm

まあ大き目のさつまいもが2つ入るサイズなので、少々場所を取るのは仕方ないかもしれません。

私の家では収納スペースに空いている場所があったので大丈夫でしたが、購入前に収納場所を確保しておいてくださいね!

さくらこ

ホットサンドも焼けるので、トースター代わりにして出したままにしておくのもいいかもしれません!

値段がちょっと高い

焼き芋メーカーに9,000円台を出すというのは、ちょっと高いと感じるかもしれません。

さくらこ

正直購入前は私も悩みました。

焼き芋ってお店で買っても1つ数百円で済むし、焼き芋メーカー買っても毎日食べるわけじゃないしな~なんて。

でもいざ買ってみると、大正解!!

家にいながらお店のクオリティが「いつでも好きなタイミングで楽しめる」のと、おいしすぎてしばらく毎日食べていました(笑)

後述していますが、焼き芋以外も作れるので、何だかんだ元取れてるんじゃないかな?と思います。

さくらこ

1万円以下で高クオリティの焼き芋が好きなだけ食べれると思うと、私は全く損は感じてません!

ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】のメリット

ここからは、ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】のメリット2つのご紹介です。

  • 1年中「好きな品種」の焼き芋が食べられる
  • 焼き芋以外にも使えるから便利

1年中「好きな品種」の焼き芋が食べられる

焼き芋メーカーがあれば、1年中「好きな品種」の焼き芋が食べられます!

スーパーでも1年中焼き芋が売られていたりしますが、品種って時期や日によってさまざまですよね。

なんでもいいならスーパーでもいいですが、「これが好き」「これが食べたい」のようなこだわりがある人もいるはずです。

私は好きな品種をたくさん食べたいタイプなので、いつでも自分の好きな芋で作れる焼き芋メーカーは大活躍です!

焼き芋以外にもレシピがいっぱい!

ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】は、焼き芋以外にも使えます。

付属でついてきたレシピ集には、これだけのメニューがあります。

焼き芋だけじゃなく、かぼちゃ・とうもろこし・肉・パン・いかめしなんかも!!

さくらこ

こんなにあれば、焼き芋以外でも1年中使えますよね!

ホットサンド用のプレートを使えば、食材を入れて待つだけなので、料理の時短にもなります。

焼き芋好きの方にだけでなく、幅広く役立つ万能メーカーなんですよ!

焼き芋の「ねっとりorホクホク」は芋次第でもある

ぶっちゃけ焼き芋の「ねっとりorホクホク」は、芋次第でもあると思います。

下記は、「紅はるか」と「鳴門金時」を使って比べてみたものです。

焼いた後のものを丸々のまま比べてみましたが、蜜の違いが分かるでしょうか?

奥が紅はるかで、手前が鳴門金時です。

こちらは鳴門金時を割ってみたところです。

鳴門金時はホクホク系の芋なので、蜜や水分は少なめです。

こちらは紅はるか。

この記事では何度も写真を載せていますが、やはり蜜や水分が多く、ねっとりなめらかな食感です。

2つを並べるとこんな感じ。左が紅はるかで、右が鳴門金時です。

もちろん焼き芋メーカーは、レンジやオーブンでは実現できないクオリティを出せるのは確かです。

ただ、ねっとりとホクホク具合は、芋次第でもかなり差があります!

ねっとり系が好きな私が思うクオリティを順番に言うと、

レンジやオーブン<焼き芋メーカー<焼き芋メーカー+ねっとり系の芋を使う

このように、「焼き芋メーカー+ねっとり系の芋を使う」ことで最高の焼き芋が作れるという感じです!

芋にも品種でこんなに差があるのを知ったわけですが、次の項目では私が知ってる範囲での「ねっとり系・ホクホク系」の芋をご紹介します。

さくらこ

さつまいももネットで買うと、スーパーよりも安く、でも大量に手に入るのでおすすめですよ!

ねっとり系の焼き芋が好きなら

私のおすすめ「ねっとり系」の焼き芋なら、下記のさつまいもがおすすめです!

  • 安納芋
  • 紅はるか
  • シルクスイート

安納芋

安納芋はねっとり系の焼き芋の中では、1番メジャーなものですよね!

ねっとり系で迷っているなら、「これを買っとけば間違いなし!」というぐらいの安定した美味しさです。

さくらこ

甘くてなめらかでめちゃくちゃ美味しいので、まず最初に試してほしいさつまいもです!

紅はるか

この記事で登場した紅はるかは、糖度が高くてめっちゃ甘い!!

他の焼き芋が糖度50度程度に対して、紅はるかは糖度60度ぐらいになるそうです。

さくらこ

とにかく甘~い焼き芋が食べたい方は、紅はるかがおすすめです!

上の安納芋も同じく甘い焼き芋ですが、違いは繊維の量で、安納芋の方が少なめのよう。

  • 甘さを重視するなら→紅はるか
  • 繊維を重視するなら→安納芋

こんな感じで選ぶといいかと思います!

シルクスイート

シルクスイートは、安納芋と紅はるかのいいとこどりをしたような芋です。

ただ、なめらかさは「シルク」の名前もあって断トツ!

そして安納芋や紅はるかのように甘い焼き芋ですが、上品な甘さです。

「甘すぎるのはちょっと、、」「繊維も少ない方がいい」という方には、シルクスイートが1番おすすめですよ!

ホクホク系の焼き芋が好きなら

  • 鳴門金時
  • 五郎島金時
  • 紅あずま

ホクホク系の焼き芋が好きなら、上記のさつまいもが人気のようです!

、、「ようです」というのも、私は断然ねっとり系派なので、ご紹介できるほどの違いが分かっていません。(ごめんなさい)

それでもねっとり系とホクホク系にかなり差があるということは分かっているので、もし気になる方がいればぜひ食べ比べしてみてくださいね!

さくらこ

一応この記事で出た「鳴門金時」だけ貼っておきます!西日本の方ではメジャーなようで、私の家の近所のスーパーではよく見かけます。

私は焼き芋では鳴門金時を使いませんが、天ぷらや料理にはねっとり系よりも向いていると思います。

焼き芋で好みに合わなくても、料理では抜群においしいので、ぜひ試してみてください!

ねっとり焼き芋を楽しみたいならドウシシャの焼き芋メーカーは買う価値あり!

ドウシシャの【焼き芋メーカー タイマー付き】は買う価値あり!です。

さくらこ

いろんな品種のさつまいもを使って、好みの焼き芋を見つけるのも楽しいですよ!

さつまいもには健康や美容効果もたくさんあるし、ダイエットにも向いている食材です。

自宅で誰でも簡単に本格的な焼き芋が作れるので、焼き芋好きならぜひ試してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次