当ブログテーマ【SWELL】を使った正直な感想 詳しくみる

配色アイデア手帖は「イメージからデザインを形にできて最高!」【レビュー】

こんにちは、さくらこです!

デザインで配色に悩んだとき、Webの配色サイトではイマイチなときは、桜井 輝子さんの『配色アイデア手帖』がおすすめです!

こちらが配色アイデア手帖の実物です。

もう、表紙のデザインから好み!!!(笑)

さくらこ

デザイン系の本とか女性向けの雑誌って、表紙が素敵でついつい衝動買いしちゃうことないですか?(…私だけ!?笑)

前からデザイン業のために、配色の本は欲しいなと思っていたんです。

それをたまたま本屋さんに寄ったときに思い出して、デザインコーナーを探すと「待ってました!!」と言わんばかりにこれが正面に置いてありました(笑)

さくらこ

一応他の配色本もいろいろあったんですが、とにかく全体的な雰囲気が好みで即決でした!

帰宅してから改めて開いてみても、やっぱり素敵だと感じたし、

実際にデザイン業で使ってみても良かったので、ぜひご紹介させていただきたいと思います!

目次

12種類のイメージと3175選から探せる配色アイデア

中はこんな感じです。

ロマンティックやエレガントなど、12種類のイメージと色別から探せるようになっています。

さくらこ

他にも「ハッピーイースター」や「レースのドレス」などのイメージもあって、名前からして読んでるだけでも楽しめます!

しかもなんとそのイメージの中から、全部合わせて3175選もの配色見本があるんです!

これだけ配色パターンを探せたら、この1冊だけでどんなイメージにも使えて本当に便利です♪

一応配色アイデア手帖から探せるイメージを下記に挙げておきますね!

この本で探せるイメージ

①カジュアル・アクティブ・ポップ ②ロマンティック ③ナチュラル ④フレッシュ・クリア ⑤エレガント ⑥ゴージャス・ラグジュアリー ⑦ダイナミック・エスニック ⑧クラシック・シック ⑨ミステリアス ⑩シャープ・モダン ⑪カラフルワールド ⑫カラフルヒストリー

さくらこ

この中の「カラフルヒストリー」は、流行した美術やデザイン様式、絵画作品から抽出した色で配色例が作られているそうですよ!

RGBとCMYKで使える便利なカラーパレット

この写真は【ロマンティック】イメージの中の「ありがとうのブーケ」という配色例です。

こんな感じでそれぞれのイメージに合わせて、何種類か配色例が載っています。

そしてここで嬉しいのが、RGBとCMYKの両方のカラーコードが記載されていることです。

さくらこ

Webでもグラフィックでも使えるので、使い道が豊富にありますよ!

また右側のページには、そのパレットを使ったデザイン例が「2色配色」と「3色配色」で載っているので、デザインの参考にもなります。

このように配色例が載っていると、「結局この色を使ってどうすればいいの?」という心配もなく、デザイン初心者の方にもおすすめです!

色ごとにある解説でイメージもしやすい!

こちらは色相ごとに紹介されている【レインボー・カラーパレット】の中の「水色・空色」の配色例です。

このように同じ水色のなかでも、いろんな色味があります。

この1つ1つはちょっとした差だったりもしますが、それぞれに解説が書かれていることで、より具体的に色をイメージしやすいよう工夫が施されています。

さくらこ

このちょっとした気遣いが、色を探すときの大きな助けになっています!

横長の形で作業しながらでも使いやすい‼

配色アイデア手帖はこのように、横長の形で作られています。

私は最初この横長という形にとくに何も思っていなかったんですが、本に記載されている横長の理由を読んで、なるほど~!!ととても納得しました。

さくらこ

たしかに、本の上に作業スペースが確保されてるのはとっても使いやすいんです!

私は基本的にパソコンを使いながらデザイン作業をしているので、キーボードが絶対に手元にあります。

作業中はキーボード周りに何かと物を置いているので、ごちゃごちゃしていたり、、、

さくらこ

それにいちいち横を向いて本を確認するのって、案外不便なんですよね。

なのでこの説明書きを読んで、本当にデザインのために作られた本だな~と、感心したのを覚えています(笑)

配色に悩んだらこれがおすすめ!『配色アイデア手帖』

この記事では、配色に悩んだときにおすすめの本「配色アイデア手帖」をご紹介しました。

この1冊があれば、たくさんのイメージやパターンからお気に入りの配色が探せて、どんなデザインでも適応できます!

また、デザイン作業のことを考えた横長の作りなので、本当に邪魔にならずに作業ができる便利なアイテムです。

配色に悩んでいたり、どの配色本を買うべきか悩んでいる方は、ぜひ持っていてほしい1冊です!

よかったらシェアしてね!
目次