【2022年】おすすめWebデザインスクール9選比較はこちらから>>

ココナラはホームページ制作の実績を積むのに超おすすめ!利用した経験談も

こんにちは、さくらこです!

女の子

Webデザイナーのフリーランスになったけど、経験がなくて不安です。どうやって経験を積んでいけばいいですか?

このようなお悩みにお答えします。

結論:未経験のフリーランスWebデザイナーは、ココナラで経験を積むのがおすすめ!

まずは仕事を受注しなければいけませんが、おすすめはクラウドソーシングの利用です!

そしてクラウドソーシングにもいろんな会社がありますが、

いくつか試した結果、ココナラが一番使いやすく稼ぎやすかったです。

こんな方におすすめ!
  • 未経験でフリーランスのWebデザイナーになった
  • 仕事の受注に悩んでいるフリーランス初心者
  • 実績を集めたいけど、どこで集めればいいか分からない
  • ココナラは本当に未経験でも稼げるの?という方

ココナラは手数料が高いなど言われていますが、トータル的に見てフリーランス初心者にはおすすめ!

この記事ではココナラがおすすめな理由と、実際の経験から販売するコツなどを解説したいと思います。

目次

未経験のフリーランスWebデザイナーはココナラで実績を積もう!

未経験からフリーランスのWebデザイナーとして一歩を踏み出した場合、

  • 経験を積む
  • 実績を集める

とにかくこれらを集めることが必要です。

そしてその重要度としては、経験<<<実績という感じです。

なぜ経験よりも実績がそんなに重要なのか?

まず、経験も実績もどちらも重要という前提での話です。

そのうえでなぜ実績の方が重要になるかというと、

お客様は経験値よりも、実績の評価で購入するからです。

これは私の経験上ですが、これまでの経歴や年数なんて誰も気にしていませんでした。

フリーランスになりたてであろうが、

  • どんなデザインや物を作ってくれるのか
  • どれだけの実績や評価があるのか

これらを見られていて、売上にも反映されている感じでした。

もちろん最初は実績が無いので、ポートフォリオでデザインを見ての判断ですが、

売り上げや単価アップには、やはり実績や評価が欠かせません。

初心者が実績を積みやすいのがクラウドソーシング

実績がどれだけ重要か分かったところで、その実績作りにおすすめなのがクラウドソーシングです。

さくらこ

クラウドソーシングとは、スキルや技術を売り買いできるサービスのことですよ!

代表的なものでいえば下記が挙げられます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

この中でも私がおすすめなのがココナラです。(理由は後述)

クラウドソーシングは経験値が少ない初心者でも、比較的実績を作りやすい場所です。

Instagramで仕事を獲得している人もいますが、フォロワーの数ややはり実績に左右されやすいです。

さくらこ

完全に未経験、実績もゼロ、SNSのフォロワーも少ない、という場合ならクラウドソーシングがおすすめです!

未経験のフリーランスWebデザイナーにおすすめのココナラについて

それではここから、ココナラをおすすめする理由を解説していきます。

ココナラとは上でも書いたとおり、スキルを売り買いできるクラウドソーシングサービスの1つです。

さくらこ

ココナラではたくさんのジャンルがあって、200種類以上ものカテゴリからサービスを探すことができますよ!

ココナラでとくにおすすめな理由は下記です。

  1. 利用者数が多い
  2. 価格重視で購入する人が多い
  3. 見積書・発注書・納品書作成の手間が省ける

順番に解説していきます。

利用者数が多い

ココナラはCMでもよく見かけるので、多くの人が知っているかと思います。

さくらこ

かなりメジャーな分、販売・購入ともに利用者もダントツです!

そして利用者が多いというのは、安心できるメリットもありますが、

購入してもらえる確率が上がるメリットもあります。

販売する以上購入してもらわなければいけませんが、そうなるとより購入者が多い場所を使うべきです。

少しでも仕事の獲得率を上げるためにも、ココナラはおすすめのクラウドソーシングといえます!

価格重視で購入する人が多い

ココナラでは正直、クオリティーよりも価格重視での購入が多い印象です。

もちろんデザインなども考慮はしていますが、いかに費用を抑えられるかに重点が置かれていると感じました。

というのも、私はサロン系ホームページ制作の販売でしたが、

サロンをスタートしたばかり、もしくはスタート前という方が多かったです。

なので宣伝ツールにあまりお金をかけられないため、安めのところから探しているという感じでした。

さくらこ

ターゲットによって重視するポイントは違うので、あくまで参考程度にしてくださいね!

それとココナラでは評価が誰でも見れる仕組みで、こちらも重要です。

低い価格からできるだけ多くの仕事を受け、やり取りやデザイン性での評価があれば、販売価格も上げることができます。

さくらこ

評価が溜まってきた頃には技術も上がっていると思うので、そこからはInstagramや自分のホームページ集客にチカラを入れるといいですよ!

見積書・発注書・納品書作成の手間が省ける

フリーランスの場合、見積書や納品書などは自分で作成する必要があります。

これらを簡単に作れるツールはありますが、数によっては結構面倒です。

さくらこ

とくに未経験からのフリーランスでは、制作そのものに大半のチカラを使います。そんな状況のなか書類関係もとなると、結構大変です。

ですがココナラでは、見積書・発注書・納品書が購入者の側で作成できる仕組みになっています。

わざわざ自分で作る手間が省けるのはかなり有難いです。

最初は制作だけに集中したい!という方もココナラは非常におすすめです!

注意:ココナラでかかる手数料も考慮しておこう

ココナラでは販売価格に応じて手数料が引かれます。

販売時の手数料22%をかけた額を差し引いて、報酬としてお支払いします。

ココナラより

これって収入の少ないフリーランス初心者にとっては、かなり痛いんですよね、、、。

ただ「実績集め」という点では、手数料以上に利用するメリットはあると思っています。

さくらこ

ココナラは長い利用ではなく、実績や経験がある程度積めたら卒業するのがおすすめです!

最初は高い収入を見込めませんが、まずは実績と経験を集めるにはとてもいいサービスです。

仕事を取れるツテがない、収入面よりとにかく実績を集めたい、そんなフリーランスの第一歩にはおすすめです!

\ココナラ公式サイト/

Webデザイナーフリーランス初心者で実際にココナラで販売してみた結果

ここからは私がフリーランスになりたての頃に、実際にココナラを利用したときの話です。

さくらこ

利用してみた感想や、ココナラで得られたことについて書いています!

ココナラで販売してみた感想

まず結論としては、初心者でもしっかりと利益を得る事ができました‼

ただ、いきなり初日からジャンジャン売れたわけではありません。

説明文やアピールポイントの書き方など、試行錯誤しながらコツを掴むことで徐々に売れていきました。

さくらこ

同じ商品や価格でも、説明文の書き方次第で売上が変わることも分かりました!

また技術面だけでなく、受注してから納品までの仕事の流れも学べました。

ココナラはだいたい下記の流れでやり取りを進めます。

  • 商品の出品
  • 見積もりや相談
  • 購入
  • 制作開始
  • 納品
  • 評価

この当たり前のような流れも、初心者にとっては分からないことだらけでした。

ですがココナラでは、上記の流れに自然と沿っていけるようにシステムが構築されています。

何も分からない未経験がある程度の流れを掴めたのは、後々のやり取りスキルにも反映されています!

同じように全く分からず不安な方は、名刺などで一度サービスを購入してみるのもおすすめです!

さくらこ

私は安く購入できたアイコン制作を依頼してみて、購入者目線で流れを把握してみました!

\ココナラ公式サイト/

Webデザイナー初心者がココナラで販売するときのコツ

それではいくつかココナラで販売するときのコツを書きます。

ポイントは下記の3つです。

  1. 焦りは禁物、1つめの評価を狙ってがんばろう
  2. サンプル画像は手を抜かない
  3. 自己紹介文もしっかり考えよう

焦りは禁物、1つめの評価を狙ってがんばろう

上でココナラでは評価が付く、そして誰でも見れると書きました。

登録したばかりでは当然ゼロからのスタートで、すでに評価のあるサービスの中では埋もれてしまいます。

この状況って結構つらくて、なかなか購入に至ってもらえない時間が続く場合もあります。

さくらこ

というのも購入者は評価順にサービスを検索することも多く、その場合評価0のサービスは下の方になってしまいます。

ただ私の経験上では1つでも評価が付けば、そのあとは結構依頼が入りやすいです。

売れるまでは焦りもありますが、依頼が無いからとすぐに辞めるのはもったいないです。

1つでも売れればおすすめにピックアップされたり、販売数も徐々に増えていきます。

まずは1人目の購入者を見つけること、その人から高評価をもらうこと

これらを目標に、紹介文や値段などを試行錯誤していきましょう!

さくらこ

ココナラは0→1が難しく、1→10はスムーズに進みますよ!

サンプル画像は手を抜かない

ココナラでは、サービスのイメージ画像を付けることができます。

私はWebデザインでの出品でしたが、イメージ画像の雰囲気から選んでいる方が多かったです。

さくらこ

実際に依頼が入ったときも、「サンプルの雰囲気がよかったので!」というお声はたくさんいただきました。

Webデザインの場合、実績は無くてもサンプル画像を作ることはできます。

画像で自分の世界観を伝えたり、アピールポイントを盛り込んだりなど工夫をしましょう!

さくらこ

Instagramなどもそうですが、画像から伝わる雰囲気はとっても重要ですよ!

どんな画像がいいのかは、ココナラで実際に売れている人の研究がベストです。

画像だけでなく文章も見ながら、どんな工夫がされているのかを学んでみてください。

今後のサービスの売り方の勉強にもなりますよ!

自己紹介文もしっかり考えよう

プロフィールの自己紹介文も案外見られています。

私自身最初は簡単な自己紹介文でしたが、しっかり書き込んだけでも依頼が増えた経験があります。

自己紹介文はその人の性格が表れている気がします。

さくらこ

丁寧な人、柔らかい人、真面目な人。など文章から分かることってたくさんありますよね!

ココナラは相手の顔が分からないからこそ、文章で自分をしっかりアピールしましょう!

Webデザイナーがココナラで失敗した経験について

私はココナラで失敗した経験もあります。

失敗といっても、低評価を付けられたというよくあるものですが。。

それでも初めての低評価や、評価数が目に見えるココナラの仕組みが、私には大きいダメージでした。

さくらこ

そこで一度アカウントを作り直したほどです(汗)

なぜ低評価がついてしまったのか

順調に高評価がついていた中、低評価がついてしまったのか。

簡単にいえば、ヒアリングの甘さと、途中からの変更にうまく対応できなかったことが原因です。

途中からの変更に伴うリスクは事前に伝えていましたが、実際にはお客様は納得されていなかった状況でした。

そしてそもそもというと、途中変更がないようにもっとしっかりヒアリングを詰めるべきでした。

その時は大幅な変更だったため相手にも原因があるんじゃないの!?とも思ってしまいますが、、、。

結局は自分の詰めの甘さが悪かったと反省しています。

さくらこ

そんな流れで初めての低評価となってしまいました。

低評価を避けるためのポイント

皆さんが同じことにならないよう、そのとき学んだことをポイントとして書いておきます。

自分のためにも気を付けるべきポイント
  • 最初のヒアリング時にしっかり固める
  • 無理なものは断る

まずはそもそも途中から要望変更が出ないよう、ヒアリングの時点でしっかり固めておきましょう。

基本のことではありますが、初心者の頃の私には出来ていなかったので、気を付けるポイントに入れておきます。

そして次に大切なのは、無理なものは断ること。

さくらこ

これ、かなり大事です!!

フリーランスになりたての頃ってなんでも受け入れてしまいがちです。

成長のためにも受けることは大事ですが、何でもかんでも受けすぎるのもよくありません。

さくらこ

お客様のためにも自分のためにも、断る勇気は必要ですよ!

まとめ:ココナラは未経験のフリーランスにおすすめの場所

未経験のフリーランスWebデザイナーにとって、ココナラはとてもおすすめの場所です。

  • 経験、スキルアップができる
  • 実績がなくても始められる
  • 仕事全体の流れを知る事ができる

手数料の問題や軌道に乗るまでの時間はかかりますが、それ以上のメリットが得られます。

試行錯誤や失敗を重ねるうちに、だんだんとチカラも付いてくるので、ぜひ利用してみてください!

\ココナラ公式サイト/

よかったらシェアしてね!
目次