当ブログテーマ【SWELL】を使った正直な感想 詳しくみる

Webデザインスクールは無駄と言われる理由「無駄にしない方法も」

こんにちは、さくらこです!

女の子

Webデザインスクールは「無駄」と言われてるみたいですが、本当ですか?通うのと通わないのどっちがいいんでしょうか?

Webデザインスクールを調べてると、キーワードに「Webデザインスクール 無駄」と出てきたり、通った人が無駄だったと言っている場面があったりしますよね。

結論として私の考えを述べると、無駄かどうかはその人次第です。受け身な人ほど無駄になるし、意欲的な人ほど無駄にはしていません。

私自身スクールに通い、制作会社勤務→フリーランスとなりましたが、その経験から考えを書きたいと思います。

さくらこ

スクールに通うのを無駄にしない方法についても書いてるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

目次

Webデザインスクール「無駄」と言われる理由と現実

私が思うWebデザインスクールが「無駄」と言われる理由は3つです。

実際の経験談も交えながら書いていきます。

独学でも学べるしスキルも身につけられる

Webデザインのスキルは、ぶっちゃけ独学でも学べる難易度だと思います。

基本的にWebデザイナーを目指す方が覚えるべきスキルは下記です。

  • PhotoshopやIllustratorの操作
  • HTML/CSS
  • PHP(覚えられれば)

PhotoshopやIllustratorの操作は、そもそも使うものが限られるので、覚えることはそんなに多くありません。

HTMLやCSSはコーディングスキルで、苦手意識がある人が多いですが、基本さえ分かれば独学でも大丈夫です!

さくらこ

PHPは覚えられればという感じで、基本的にはデザインソフトの操作と、HTML/CSSでOKです。

スクールだと効率よく学べることや挫折が少ないメリットはありますが、独学でも問題ないレベルではあります。

スクールを卒業しても実務では活躍できない

これはもうその通りです。

今は実践的なスキルを学べるスクールもありますが、卒業したからといって全員が活躍できるわけではありません。

Webデザイナーは、実際に案件をこなしてなんぼの世界です。

数カ月かけてスクールに通ったからといって、その時点で学べたのは「基礎部分」というのが現実。

さくらこ

基礎部分しかしらない素人が、いくつもの案件をこなしてるプロに並べるわけないですよね!

意欲的に自分で案件を受けているなら別ですが、大抵の場合はスクールを卒業したからといって、すぐに「プロ」ほど活躍できるわけではありません。

スクールで学んでもフリーランスとして稼げない

スクールで学んでも、フリーランスとして稼げていない方はたくさんいらっしゃいます。

フリーランスはやっぱり、制作スキルも大事ですが、それ以上に「仕事に繋げる」知識がかなり重要です。

さくらこ

どれだけ素晴らしいスキルを持っていても、それを売る方法が分からず悩んでいる方が多いのが実情なんです。

私もフリーランスになりたての頃は、この辺りを全然分かっておらず、仕事がゼロの状態が続いていました。

仕事を獲得できる今だから思いますが、こればっかりは勢いややる気だけではどうにもなりません。

フリーランスを目指しているのであれば、デザインスキルだけでなく、ビジネススキルについても身につけてくださいね!

Webデザインスクールは通うべき?「素人脱却には通うべき」

上述のとおり、Webデザインスクールに通ったからといって、すぐには活躍できません。

ただ、『完全なる素人』からの脱却はできるので、少しでも早く活躍を「目指す」ことができます。

脱素人デザインを目指せる

Webデザインって、かなり細かく、1ミリ単位での調整が必要です。

さくらこ

でも、独学じゃその1ミリの大事さになかなか気づけないんですよね。

私はスクールに通いましたが、その1ミリの大事さには、講師に指摘されて初めて気づきました。

単純なるデザイン力の差もありますが、それでもやっぱり微妙な感覚はデザインに現れます。

プロから指摘をもらい、早めに気づくことで、その後の成長度合いがグンと上がりますよ!

仕事の一連の流れを把握できる

会社には会社の、フリーランスにはフリーランスの、仕事の流れがあります。

でもこの流れって、独学じゃなかなかイメージできないんじゃないでしょうか?

なんとなく想像はできるかもですが、やっぱり実際の状況はやってみないと分からないこともあります。

あらかじめ流れを把握・理解していることで、転職先でもフリーランスでも、いち早くプロに近づくことができますよ!

さくらこ

私は会社もフリーランスも両方経験しましたが、流れが全然違うので、自分が目指すゴールに合わせてスクール選びも行ってくださいね!

制作以外のスキルも身につけられる

制作以外のスキルとは、たとえば下記のようなものです。

  • 制作への考え方
  • プレゼン
  • コミュニケーション術

私が通ったスクールはカリキュラム制でしたが、これらの内容が組み込まれていました。

学ぶ前は「なんでこんなものまで?」と思ってましたが、いざ会社勤務やフリーランスをやってみると、どれも必要で大切なものだったんです。

さくらこ

正直必要性をよく分からず学んでましたが、今となっては学んでおいてよかったと思ってます!

どのスキルが必要かは人それぞれ異なりますが、これらもやはり独学で身につけるのは難しいでしょう。

こういった制作以外のスキルを学べるのは、スクールに通う理由の1つだと思います。

性格や状況から独学とスクールを選ぶ場合は、下記の記事で書いているので、合わせて参考にしてください!

スクール通いを無駄にしないWebデザイナーになるには

スクール通いを無駄にしないWebデザイナーになる方法についても、書いていきたいと思います。

  1. 自分に合ったスクールを受講する←ココ大事
  2. スクールと同時に小さな仕事を受けてみる
  3. 転職もしくはフリーランスになる

①自分に合ったスクールを受講する←ココ大事

まずですが、1番は「自分に合ったスクール」を受講することです。

これがかなり未来を左右するものであり、重要な部分です。

  • 目指すゴール(転職かフリーランスか)
  • 講師の経歴(転職・フリーランス経験ありなど)
  • 授業タイプ(カリキュラム制や通学・オンラインなど)

とくに目指すゴールに合わせることは大事で、人気だからと適当にスクールを選んではいけません。

スクールはそれぞれ目標が異なるので、自分のゴールを目指せるところを選ぶようにしてくださいね!

②スクールと同時に小さな仕事を受けてみる

ある程度スキルを学べたら、スクールの修了前でも、小さな仕事を受けてみてください。

たとえばデザインスキルを身につけたら、バナーの案件を受けてみるなど。

どんなに小さなものでも、実績1つで大きな差が出ますよ!

学びとの同時進行は大変ですが、『経験は財産』です。

これは転職活動でも、実務でも重宝されるので、早めに経験しておくといいですよ!

なお、初心者Webデザイナーの仕事獲得には、ココナラがおすすめです。私が実際に利用した経験談を貼っておくので、よければ読んでみてください。

③転職もしくは副業・フリーランス

最後は、転職もしくは副業・フリーランスとしてゴールに向かうことです。

不安かもしれませんが、②が出来ていれば大きな力になっているはずです!

ちなみに「ゴールに向かう」と書きましたが、ここからがスタートでもありますよね。

スクール通いを無駄にしないためには、②で付けた力を発揮しながら、成長を続けることです。

さくらこ

周りとの差も付いているはずなので、ここからも意欲的に進んでいってくださいね!

まとめ:Webデザインスクールが無駄かは自分次第

最後に、ぶっちゃけ言ってしまえば、Webデザインスクールが無駄かどうかは「自分次第」です。

独学でもスクールでも正解はなく、Webデザイナーとして成功して初めて分かるものだと思います。

こういってしまえば元も子もありませんが、私はスクールに通ってよかったし、無駄だとは感じていません。

もしスクールに通った場合、「無駄にしない方法」はいろいろあるので、自分にとって1番最適な方法で、Webデザイナーを目指してくださいね!

さくらこ

おすすめのスクールや選ぶポイントについては、下記の記事でまとめています!

よかったらシェアしてね!
目次