【2022年】おすすめWebデザインスクール9選比較はこちらから>>

Webデザイナーに向いてるのはどんな人?特徴や向いてない性格も解説!

こんにちは、さくらこです!

女の子

Webデザイナーに向いてるのってどんな人ですか?性格や特徴を教えてください!

このような質問にお答えします。

結論として、とても簡単にまとめてしまうと、「繊細な人」がWebデザイナーに向いてると言えます。

繊細な性格だからこそ、細かいものにも取り組めて、人の気持ちや考えも汲み取れるからです。

この記事で分かること
  • Webデザイナーに向いてる人の特徴や性格
  • Webデザイナーに向いてない人の特徴や性格
  • 向いてない性格でもWebデザイナーになれるのか?
  • 向いてない性格でもWebデザイナーになるポイント

この記事では、Webデザイナーに向いてる人と向いてない人の、特徴や性格について書いています!

向いてなくてもWebデザイナーになるポイントも書いているので、自分の向き不向きで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

目次

Webデザイナーに向いてるのはどんな人?特徴や性格を解説

それではさっそく、Webデザイナーに向いている人の特徴や性格から解説していきます!

地道な作業も苦にならずじっくり向き合うことができる

Webデザイナーって名前はおしゃれですが、やることはかなり地道なものばかりです。

デザインと言えども、画家や芸術家などとは違って、ある程度決まった枠の中で作業を進めていきます。

そんな地道なものを毎日少しずつこなすのが、Webデザイナーの仕事です。

毎日パソコンに向かって1人で作業するので、もちろん「1人が好き」というのも重要です。

1人が好きで、地道な作業も苦にならない、という方であればWebデザイナーは向いています!

さくらこ

私は1人が好きで、逆に人間関係はかなり疲れるので、Webデザイナーは向いていました!

繊細な性格で細かな部分まで突き詰められる

Webデザインは、1px単位で考えなければいけません。

なので、繊細な性格で細かな部分まで気になる、突き詰められる、という方は向いています。

さくらこ

逆に言うと「まあこれぐらいいいか」と思ってしまう人には、向いていません。

たとえば私の作業で言うと、中央に配置するにも「上下左右」の間隔をきっちり揃えています。

「だいたいこの辺が真ん中じゃね?」なんて適当な感覚では、できない仕事です。

大雑把な性格では難しく、繊細で少々神経質ぐらいの性格が、Webデザインには必要です!

0から1を創るのが好き

0から1を創りだすのが好きな人にも、Webデザイナーは向いています。

Webデザインは、何もないところからモノを生み出さなければいけません。

たくさんのアイデアを出すことが好きな人には楽しいと思いますが、それが不得意な人には苦痛になってしまうでしょう。

ただ、デザインでも芸術家のようなセンスは必要ないので、ある程度慣れてくるものではあります。

それでもやっぱり向き不向きで考えるなら、0から1を創るのが好きな人の方が向いているかと思います!

もしデザインを考える(生み出す)のが苦手なら、コーディングやプログラマーなどといった職種がおすすめです!

相手の気持ちや考えを汲み取れる

Webデザイナーの仕事の中には、ヒアリングというものもあります。

会社に勤める場合は営業やディレクターが行う場合もありますが、個人で働く場合は自分でやる必要があります。

ですがこのヒアリングって、案外難しいものなんです。

私の場合ですが、一応ヒアリングシートはありますが、皆が同じように完璧に回答してくれるわけではありません。

それぞれの回答から、さらに深掘りしたり、どういった意図の回答かを汲み取るのがけっこう大変です。

なので、ヒアリングでの回答やコミュニケーションから、相手の気持ちや考えを汲み取れる人がWebデザイナーには向いています。

さくらこ

そのヒアリングから制作物が大きく左右されるので、この部分の特徴はけっこう重要ですよ!

Webデザイナーに向いてない人の特徴や性格

逆にWebデザイナーに向いていない人の特徴や性格も挙げたいと思います。

自分のこだわりが強く相手の意見を受け入れられない

自分のこだわりが強く、相手の意見を受け入れられない人は向いていません。

これはとくにデザインの部分ですが、相手の意見を受け入れられないと、衝突が起きてしまいます。

もちろんある程度のこだわりは必要だし、どうしてそのデザインにしたのかを説明することも、時には必要です。

ですが、自分の意見ばかりを押し付けるのは、良いWebデザイナーとはいえません。

しっかりと相手の意見にも耳を傾けながら、気持ちよく仕事を進められるデザイナーを目指してくださいね!

意見を聞くばかりが100%良いというわけではありません。相違や衝突のないよう、上手く進めるのが大事です!

コミュニケーション能力が低い

上でも書きましたが、制作前のヒアリングは、制作物を左右するとても大事なものです。

なのでWebデザイナーには、コミュニケーション能力が求められます。

相手が理解しやすい言葉を使い、相手が話しやすい状況を作るのも、自分の力が試されるところです。

コミュニケーション能力といっても、営業のようなトークスキルが必要という事ではありません。あくまで制作がスムーズに運ぶようなヒアリング力=コミュニケーション能力ということです!

さくらこ

これは仕事の数をこなす中でも身につけられますよ!

時間管理が苦手で没頭し過ぎてしまう

Webデザイナーには、納期があります。

納期に合わせてスケジュールを組みながら、1つ1つそれに沿って作業を進めなければいけません。

なので、没頭し過ぎてしまったり、時間管理が苦手な場合はかなり苦労するでしょう。

さくらこ

私自身最初の頃は1つに時間をかけ過ぎて、納期の間際に慌ててました。

複数の仕事を受け持つ場合も多く、1つズレるとどんどん予定が狂うので、時間や予定の管理はしっかり行ってくださいね!

少しのことで落ち込みやすい

悲しいことに、デザインや制作のうえで、修正やダメ出しは避けて通れない道です。

もしあなたが少しのことでも落ち込みやすい、ネガティブになってしまう、というのならWebデザイナーは辛いかもしれません。

会社に勤めているなら上司、個人で活動しているなら直接クライアントから、毎日意見をもらうことだってあります。

こんなに一生懸命頑張ったのに!!という状況も、相手には関係ありません。

さくらこ

意見や修正が入るのは当たり前のことと思って、少々開き直るぐらいの気持ちが大事ですよ!

私もけっこう落ち込みやすい性格ではありますが、負けず嫌いなところも作用して、なんとか技術などの上達に発展させています(笑)

向いてない性格でもWebデザイナーになることは可能?

ここまで、Webデザイナーに向いてる性格とそうでない性格を書いてきました。

ところで、向いてない性格に当てはまってても、Webデザイナーになれるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

結論:向いてなくてもポジションや工夫次第で、Webデザイナーにはなれる!

どんな仕事でもそうですが、全員が完璧に「向いてる性格や特徴」に当てはまっているわけではありません。

大事なのは、自分が向いてなかったとして、

  • まずは何が向いてないか理解する
  • 向いてない部分をどう解決するか考える

ということです。

デザインが向いてない性格なら、プログラマーやディレクターになればいい。

時間の管理が苦手なら、時間管理ができるようにこれから訓練すればいい。

さくらこ

避けられるものは避けて、工夫できることは工夫して、自分が「なりたい」と思えばなればいいんですよ!

まずは、自分が向いてない部分を理解することから始めてみて、徐々に克服してくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次