当ブログテーマ【SWELL】を使った正直な感想 詳しくみる

【WordPress初期設定】ホームページ作成前にやる8つのこと

こんにちは、さくらこです!

女の子

WordPressをインストールしました。これからホームページを作りますが、最初にやっておいた方がいいことはありますか?

このような質問にお答えします。

WordPressをインストールしたら、ホームページの作成に入る前に下記の8つのことをやっておきましょう!

  1. タイトル&キャッチフレーズ
  2. SSL設定
  3. 管理者メールアドレス
  4. 日付・時刻
  5. パーマリンク
  6. コメント機能
  7. カテゴリー
  8. WordPressに関係するすべての更新

多く感じるかもしれませんが、結構すぐに終わります!

さくらこ

途中から変更するとエラーになるものもあるので、必ず最初に済ませておいてくださいね!

この記事では、上記の手順について順番に解説しています。

画像付きで解説するので、初心者の方も安心して進めてくださいね!

目次

【WordPress初期設定】ホームページ作成前にやる8つのこと

それでは順番に解説していきます。

タイトル&キャッチフレーズ

まずはホームページのメイン情報になる、タイトルとキャッチフレーズを確認します。

ここはサーバー契約時にWordPressをインストールしている場合は、すでに設定されている方もいるかと思います。

さくらこ

もし変更したい場合は、ここから行ってくださいね!

  • 管理画面「設定」→「一般」
  • サイトタイトル&キャッチフレーズから設定

タイトル&キャッチフレーズのポイント

ここはできるだけキーワードを含めながら入れるのがポイントです。

より検索されるキーワードを含めることで、SEO対策になり上位表示を狙えるからです。

たとえばサロンのホームページの場合はこんな感じ。

  • サイトタイトル→英語だけでなく、読み方も入れる
  • キャッチフレーズ→「○○県○○市のネイルサロン」と具体的に

間違いとしては、キャッチフレーズに「cuteでおしゃれなデザイン」のような、抽象的な内容を入れることです。

そもそもサイトを検索結果から見つけてもらわないといけないのに、果たして「cuteでおしゃれなデザイン」で検索する人がいるでしょうか?

答えはNoです。それはキーワードツールでも証明されていることで、上記のワードでは「データが見つかりませんでした=検索者がいない」となっています。

さくらこ

ホームページやブログなど、サイトの運営においてのキーワード選定はとても重要です。何となくで文字を入れるのではなく、きちんと対策が必要ですよ!

SSL設定

SSL設定というのは、「http://」から「https://」に変更するものです。

セキュリティに関する部分なので、必ずやっておきましょう!

サーバー側とWordPressの2つで設定を行います。手順は下記です。

サーバー側での設定

さくらこ

当記事ではエックスサーバーでの手順となります。他サーバーでも大体同じような手順だと思うので、試してみてください!

まずはサーバー側でSSLになっているか確認します。

  • エックスサーバーの「サーバーパネル」にログイン
  • ドメイン項目の中から「SSL設定」を選択
  • SSL設定を行うドメインを選択します
  • 右側のタブ「独自SSL設定追加」を選択
  • 対象ドメインを確認して「確認」をクリック

以上でサーバー側の設定は完了です!

WordPressでの設定

  • 管理画面「設定」→「一般」
  • WordPressアドレスの「http」のあとに「s」を追加
  • サイトアドレスの「http」のあとに「s」を追加

このときの「s」は小文字で入力してくださいね!

さくらこ

WordPress側でのSSL設定はこれだけで完了です!

管理者メールアドレス

  • 管理画面「設定」→「一般」
  • 管理者メールアドレスを確認する

WordPressの管理用アドレスを変更する場合は、ここから行います。

アドレス設定後、入力したアドレス宛にメールが届きます。そこに記載されたURLをクリックして、承認できたら変更完了です。

メールから承認手続きを行ったあとは、WordPressの管理画面からきちんと変更されているか確認してくださいね!

日付・時刻

  • 管理画面「設定」→「一般」
  • 日付と時刻の形式を、好きなものにチェック

パーマリンク

パーマリンクとは、URLの後ろに付く文字の部分です。

たとえばこの記事であれば、

https://etorire-design.com/wordpress-initialsetting

「wordpress-initialsetting」の部分にあたります。

  • 管理画面「設定」→「パーマリンク」
  • 「投稿名」にチェック

パーマリンクはいろいろありますが、SEOの観点から「投稿名」が1番いいとされています!

とくに強い希望などが無ければ、投稿名にしておくのがおすすめです!

パーマリンクは途中から変更するとエラーの原因になるので、最初に決めたら変更しないようにしましょう。

さくらこ

私自身パーマリンクをよく知らないときに途中で変更して、ページが真っ白になり慌てたことがあります。皆さんも要注意ですよ!

コメント機能

  • 管理画面「設定」→「ディスカッション」
  • 「新しい投稿へのコメントを許可」からチェックを外す

投稿した記事からコメントを受け付けたい場合は、そのままでもOKです。

ただし、海外からの迷惑コメント(スパム)が多いので対策が必要です。

カテゴリー

カテゴリーは記事を投稿するときに使います。

カテゴリーは設定しないと「未分類」になりますが、できるだけ未分類は避けるようにしましょう!

  • 管理画面「投稿」→「カテゴリー」
  • 「名前」→カテゴリー名を入力
  • 「スラッグ」→URL上に表示させるものを入力
  • 入力したら下の「新規カテゴリーを追加」をクリック

たとえば料理に関するサイトの場合、名前を「料理」でスラッグを「cooking」など。

スラッグは「https://sakurako-shine.com/cooking」部分になるので、

できれば英語での入力がおすすめです!

さくらこ

日本語でも大丈夫ですが、URLをコピーしたときに文字化けになったりします。

カテゴリーが追加されると、右側にこのように表示されます。

さくらこ

画像は、名前もスラッグも両方英語で入力したものです!

WordPressに関係するすべての更新

WordPressに関係する更新には、下記の3種類があります。

  • WordPress本体
  • テーマ
  • プラグイン

セキュリティの観点からも、これらは常に最新の状態を保っておきましょう!

手順は下記のとおりです。

  • 管理画面「ダッシュボード」→「更新」
  • プラグイン・テーマ・WordPressをそれぞれ確認
  • 更新がある場合は「プラグイン・テーマ・WordPress」の順に更新

WordPressの更新時には稀にエラーになる場合があります。

できるだけエラーを防ぐためにも、下記の記事を参考にWordPressの更新を行うようにしてください!

ホームページ作成前にWordPressの初期設定を終わらせよう!

以上で、WordPressの初期設定8つについての解説が終わりました。

今回解説した初期設定は下記です。

  1. タイトル&キャッチフレーズの確認
  2. SSL設定
  3. 管理者メールアドレスの確認
  4. 日付・時刻の設定
  5. パーマリンクの設定
  6. コメント機能の設定
  7. カテゴリーの設定
  8. WordPressに関係するすべての更新

WordPressをインストールしたら、ホームページの作成に入る前に、初期設定はやっておくようにしましょう!

さくらこ

とくにSSLやパーマリンクは、セキュリティやSEOに関係してくるので、必ず最初にやっておいてくださいね!

WordPressの初期設定が完了したら、サイトのデザインを整えることも大事です。

サイトデザインはテーマの利用がおすすめで、とくに下記記事の2つは当ブログでもかなり推しているので、ぜひ参考にしてください!

よかったらシェアしてね!
目次