【2022年】おすすめWebデザインスクール9選比較はこちらから>>

Webデザイナーの将来性は?活躍のために身につけたいスキル&心得

こんにちは、さくらこです!

女の子

Webデザイナーの将来性ってどんな感じですか?今後も活躍するために必要なことがあれば教えてください!

Webデザイナーを目指すにあたり、もしくはこれからもWebデザイナーとしてやっていくにあたり、Webデザイナーの将来性って気になるところですよね。

なかには「将来Webデザイナーは必要なくなる」と言われていたりもするようで、不安な方もいらっしゃるようです。

この記事では、Webデザイナーの将来性や不安と思われる理由、これからも活躍するために必要なスキルと心得について書いています!

目次

Webデザイナーの現状と需要について

まずは、下記の2021年の経済産業省による「電子商取引に関する市場調査」についてご覧ください。

  • 物販系→家電・衣類・食料品などの物
  • サービス系→旅行や飲食などのサービス
  • デジタル系→オンラインゲーム・有料動画・有料音楽

上記の表は、EC(電子商取引)に関する年数ごとの市場規模の変化です。

ECとは、簡単にいうと「インターネット上」で売買するビジネスモデルのことです!

下記は分野別の数字で表した伸長率です。

サービス分野での市場規模が減少したものの、他の分野など全体的な傾向としては伸びています。

この結果から経済産業省でも、商取引の電子化は引き続き進展されるとされています。

さくらこ

サービス分野は、旅行サービスが大きく占めているので、コロナの影響が市場規模減少の原因となっています。

ECやらデータやら、「いまいちさっぱり分からんわ!!」という方に、簡単にまとめると、

つまりネット上でのビジネスは、一部コロナで少しの減少はあるものの、まだまだこれからも伸びていくよ!ということです。

ネット上の市場規模が伸びるということは、Web関連の仕事も増えるわけで、それに伴いWebデザイナーもまだまだ需要があるというわけです!

Webデザイナーはなくなる?将来性が不安と思われる理由

ではなぜWebデザイナーの需要はあるのに、将来性が不安と思われるのか。

主な理由は下記の3つです。

  • デザイナーが増えている
  • ノーコードなど技術が進化している
  • サイトを持たない人が増えている

順番に解説していきます!

デザイナーが増えている

時代の変化などで、Webデザイナーがかなり増えてきています。

とくにコロナ渦で在宅ワークや副業を目指した人の中で、Webデザイナーは人気の職業でした。

こういった背景から、同じようなデザイナーが溢れていることが、将来性の不安へと繋がっています。

さくらこ

価格競争になっている部分もあったりと、Webデザイナーの価値が低下している現状もあります。

しかし、これは「デザイン×○○」の複合スキルを付けるなど、周りと差別化することで埋もれるのを防ぐことができます!

さくらこ

身につけたいスキルにはついては後述しているので、ぜひ読み進めてくださいね!

ノーコードなど技術が進化している

サイトは、HTMLやCSSなどのコードを使って作られています。

なので少し前までのWebデザイナーには、コードの知識が必須と言っても過言ではありませんでした。

しかし、技術の進化から、難しいコードを使わずともサイトを制作できるようになってきています。

さくらこ

このようにハードルが下がったことも、Webデザイナーを目指す人が増えたきっかけです。

また、一切Webの勉強をせずとも簡単にサイトを作れるツールも増えています。

なので、そもそもWebデザイナーに依頼せず、自分で作ろうと考える人も増えており、それがWebデザイナーの需要を減らしている原因でもあります。

サイトを持たない人が増えている

SNSの利用者が多いことから、サロンなどもTwitterやInstagramなどでの宣伝で十分という方もいらっしゃいます。

SNSであれば無料で利用できるので、それで集客できているなら、ホームページやブログなどは必要ないという人も増えています。

ホームページは持っているだけで信頼度の上がるツールで、必須とも言われていますが、持たない人も一定数いる以上Webデザイナーの仕事は減ってしまいます。

生き残るWebデザイナーになるためにおすすめのスキル

将来性の不安も感じられるなか、Webデザイナーとして生き残るために、身につけておきたいおすすめのスキルをご紹介します!

問題を解決するためのデザイン力

単なるデザインではなく、問題を解決するためのデザイン力です。

本来ホームページは、

  • 新規客の集客
  • 申し込みや資料請求率のアップ

など、クライアントの悩みを解決するために必要なものです。

Webデザイナーとして、可愛くておしゃれなデザイン力も大切ですが、このような問題解決力も必要です。

さくらこ

ですがこの「問題解決力」を持っている人って、結構少ないんです。

しっかりとクライアントの悩みを解決し、クライアントのビジネスに貢献するサイトを制作できるデザイナーを目指してくださいね!

グラフィックデザイン

Webデザイナーでも、グラフィックデザインもできるデザイナーは、幅広い仕事に携わることができます!

グラフィックデザインとは、名刺やリーフレットなど、印刷物・紙媒体のデザインのことです。

どれだけネット世界になっても、名刺やチラシのようなツールは、簡単には無くならないでしょう。

それに、ホームページも作れて、名刺やリーフレット、看板なども作れるとなれば、スタートアップの企業に多方面から力添えすることができます。

そうなれば、いろんなツールのデザインを統一できるし、やり取りも一箇所でスムーズに進むので、クライアント側にも喜んでもらえるはずですよ!

さくらこ

私もグラフィックデザインができることから、サイト制作以外にも、同時にいくつかの依頼をいただく事がありますよ!

マーケティング力

サイト制作には、マーケティング力も必要です。

先ほども書いたように、ホームページは問題を解決するためのツールです。

なので作って終わりではなく、その問題を解決できているかの確認や、解決するための施策も重要というわけです。

そしてこの施策にはマーケティング力が必須であり、こちらのスキルも持ち合わせているデザイナーは少ないです。

市場の動向やSEOに関する知識などを身につけることで、周りと大きく差をつけたWebデザイナーになることができますよ!

ECサイトの制作

最初に解説した経済産業省のデータからも分かるように、ECの市場規模はこれからもどんどん拡大していきます。

さくらこ

ということは、ECサイトの需要もそれに伴い増えていくというのが分かりますよね!

ECサイトというのは、ネット上でモノやサービスを販売するサイトのことです。

多くのお店がコロナを機に、実店舗だけでなくオンラインでの販売も始めています。

ですがやはり増えているデザイナーの傾向は、通常のホームページ制作というような感じです。

ということは、ECサイトを制作できれば差別化になるし、なんならECサイト専門でも良いかもしれません。

さくらこ

需要はこれから増えるので、今が目指し時ですよ!

下記の記事で紹介しているスクールには、Shopifyを使ったECストア構築のコースがあります。ぜひ参考にしてください!

プログラミング

プログラミングはWebデザイナーというより、プログラマーという立ち位置になりますが、かなり需要が増えるスキルです。

また、経済産業省の調査になりますが、

IT人材は、2020年に約37万人、2030年には約79万人不足すると予測されており、深刻化すると考えられています。

さくらこ

10年以内に79万人も不足すると考えると、少し恐ろしいですよね。

そしてこのIT人材に必要なスキルの1つとして、プログラミングが挙げられます。

プログラミングは得意不得意が大きく分かれる分野でもあるので、難しいものではありますが、その分重宝されるスキルです。

完全にプログラマーにはならずとも、今後を考えると大いに役立ち長く活躍できるので、身につけておくのはおすすめですよ!

プログラミングの学習にはTechAcademy [テックアカデミー]がおすすめです!

>>TechAcademy [テックアカデミー]

生き残るWebデザイナーになるために必要な心得2つ

生き残るWebデザイナーになるために必要な心得を、2つご紹介したいと思います!

流行や最新情報を追う

Webやネットの世界は、めちゃくちゃ変化していきます。

少し前の常識が今では通用しないなんてこともザラです。

なので、流行や最新情報を敏感に追うことは、Webデザイナーにとって大切なことです!

さくらこ

SNSやブログなど、いろんなところで日々最新情報がアップされていますよ!

頻繁に情報をチェックしながら、最先端の知識を身につけたデザイナーになってくださいね!

周りとの差別化

上で書いたスキルもそうですが、周りとの差別化がないと生き残るのは難しいです。

でも「差別化」って言葉では簡単に言っても、実際には難しいですよね。

前例のない事を先に進めるのは勇気がいるし、成功の保証もありません。

それでもやっぱり生き残るためには、差別化が絶対に必要です!

さくらこ

人のためやチカラになれると思ったことは、自分を信じてやってみてくださいね!

Webデザイナーは将来も需要あり!スキルを身につけて生き残ろう!

この記事では、Webデザイナーの将来性や、活躍するために必要なスキルと心得について書きました。

Webデザイナーはこれからも需要があるし、自分次第で十分生き残れます!

ですが生き残るには、スキルや周りとの差別化が必要です。

自分にはどのスキルが合うかを考え身につけながら、今後も素敵なWebデザイナーとして活躍してくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次