【2022年】Webデザインスクールおすすめ9選比較 詳しくみる

コーディングできないWebデザイナーは危険?「苦手でもやるべき理由」

こんにちは、さくらこです!

女の子

コーディングが苦手です。でもやっぱりWebデザイナーなら、コーディングもやった方がいいんでしょうか?

結論からいうと、Webデザイナーはコーディングまでできた方がいいです。

むしろ、コーディングができないWebデザイナーは危険です!

この記事では、コーディングができないWebデザイナーが危険な理由と、苦手でもやった方がいい理由について解説しています。

さくらこ

コーディングには向き不向きもありますが、できれば覚えるのがおすすめです。ぜひこの記事を参考に、学ぶべきか検討してみてくださいね!

目次

コーディングできないWebデザイナーは危険「苦手でもやるべき理由」

それではまず、コーディングができないWebデザイナーが危険な理由と、苦手でもやるべき理由を解説したいと思います。

ここで挙げる理由は下記の4つです。

  • 転職の場合応募さえできない
  • 差別化できないから将来的な収入は良くない
  • デザインの仕上がりに差が出る
  • 「できない」と「できるけどしない」は別物

順番に解説していきます!

転職の場合応募さえできない

まず、転職をゴールとした場合の話です。

企業の応募条件について見てほしいですが、大抵下記のことが書かれています。

  • PhotoshopやIllustratorの操作
  • Dreamweaverの操作
  • HTML/CSS書ける人

Dreamweaverはコードを書く時のソフトですが、要するにPhotoshopやIllustrator以外にも、「コードを扱える人」ということです。

さくらこ

よほど大きめの会社で、デザイン担当コーディング担当ときっぱり分かれていない限り、最低限のコード知識も必要とされるところが多いです。

もちろん中には完全未経験OKのような募集で、「HTMLから丁寧に教えます!」のようなものもあります。

ただ、そういった企業は、バイトや契約社員からのスタートという場合も多く、正社員を望む場合は難しいでしょう。

また、人気の企業であれば応募者も多く、選ばれるのは「スキルや即戦力のある人」となります。

さくらこ

いい企業であればあるほど、スキルや経験がある人が採用されるのが現実です。

ちなみに余談ですが、私も「完全未経験OK・スキル教えます」の企業に応募しましたが、面接では結局「ある程度のレベルが必要」ということで落ちました。

現実はなかなか厳しいというのを思い知った瞬間です。。笑

差別化できないから将来的な収入は良くない

これは個人で活動する場合に直結する問題です。

現在Webデザイナーは、飽和状態にあると言われています。

そんな状況のなかで生き残り、稼げるWebデザイナーになるには、周りとの差別化が必須です。

ですが、いわゆる「ノーコード」と呼ばれるものなどツールの進化で、コーディングができない(やらない)Webデザイナーが増えています。

別にノーコードでも大丈夫なら覚えなくてもよくない?と思うかもしれませんが、違います。

  1. 工程を減らせる分、販売価格も低下
  2. コーディングができない同じようなデザイナーで飽和
  3. 価格競争が起きることでさらに売上ダウン

あなたはこの競争に巻き込まれ、自転車操業の状態でビジネスを進めたいですか?

この状態にならないようにするには、「差別化」が必要であり、その中でもコーディングは比較的難易度が低いです。

さくらこ

他にも差別化として、ブランディング力やマーケティング力がありますが、コーディングに比べると難易度は高まります。

デザインの仕上がりに差が出る

たとえ土台はノーコードのツールを使用しても、コーディングスキルは使えます!

たとえばWordPressでサイトを作るとして、ノーコードでもOKな有料テーマを使用するとします。

テーマを使えばコードを使わずとも、それなりのサイトを作ることはできますよね。

でも「それなり」なんです。テーマ自体のデザインもいいけど、コードが使えればもっと良くすることができます!

クライアントに「こんなデザインにしたい」と希望されたとき、テーマの仕様ではできなくても、コードが使えれば対応できます。

それにクライアントの希望に対して、「それはできません」というよりも、ささっと対応できる方が印象も大きく変わりますよね!

さくらこ

こういったちょっとした対応が、リピーターへと繋がり、後々の売上に繋がっていくんですよ!

「できない」と「できるけどしない」は別物

どんなことでもそうですが、「できない」のと「できるけどしない」の意味は全然違いますよね。

仕事でコーディングは受けないにしても、それでもWebデザイナーを目指すなら、学んでおくべきです。

「できるけどしない」だけなら、いざ必要になったタイミングには対応することができます。

それは自分の幅を広げることにもなるし、信頼度を上げることにもなります。

さくらこ

「スキルを身につける=単価が上がる」という、単純なメリットだけではないということですよ!

Webデザイナーはコーディングをどこまで学べばいいの?

Webデザイナーはコーディングを学ぶべき!と書いたところで、「じゃあどこまで学べばいいの?」について書きたいと思います。

HTMLとCSSで簡単なサイトを作れるようになろう

まず結論からいうと、

HTMLとCSSで簡単なサイトを作れるようになろう!

という感じです。

コーディングの中には、JavaScriptやPHPなんかもありますが、そこまで学ぶ必要はありません。

興味があるならJavaScriptやPHPを学ぶのも、収益アップに繋がるのでいいですよ!

なので最低限コーディングについて学ぶのであれば、HTMLとCSSで簡単なサイトが作れるまで学んでみてください。

これができるようになると、ノーコードツールを使った場合でも、いろいろと活用することができますよ!

コーディングはスクールで学ぶのがおすすめ!

コーディングは独学でもいいですが、おすすめはスクールで学ぶことです!

スクールで学ぶメリットを2つ、そしておすすめのスクールをご紹介したいと思います。

効率よく学べる

まず1つめは、効率よく学べることです。

divって何?class?といった初心者の方は、そもそも何から手をつければいいか分からないはずです。

スクールでは、そんな完全初心者のために、1~10まで丁寧に教えてくれます。

それに、カリキュラムも理解しやすい順番で組まれているので、初心者でも効率良く学び、落とし込むことができますよ!

さくらこ

私自身完全初心者からコーディングを学びましたが、1つ1つ理解しながら勉強を進めることができました!

挫折しにくい

スクールで学ぶ2つめのメリットは、挫折しにくいことです。

この記事を読んでくださっている方は、「できればコーディングは避けたいな~」と思っている方も多いんじゃないでしょうか?

はっきり言います。このようなコーディングに苦手意識などがある方は、独学だと高確率で挫折します。

コーディングはどちらかというと興味があって、しかもスクールで学んだ私ですら、最初はチンプンカンプンで眠くなっていましたから(笑)

さくらこ

ある程度理解するまでは暗号を見ているようで、授業中は何度睡魔に襲われたことか。でも授業が終わった途端に目が覚める不思議(笑)

なので、コーディングは苦手でできれば避けたい、と思っている方は、スクールで学ぶのがおすすめです!

コーディングだけを学ぶならおすすめは「デイトラ」

Webデザインのスクールもたくさんありますが、コーディングだけを学ぶならデイトラがおすすめです。

  • コーディングのみを学べるコースがある
  • カリキュラム制だから学びに迷わない
  • 10万円以下で学べる

デイトラにはWeb制作コースというものがあって、「コーディングスキルを身につけたい方」用のコースになっています。

さくらこ

他のスクールだとデザインなど別の講座も含まれていたりするので、「コーディングのみ」ならデイトラがおすすめです!

>>Web制作コースの詳細はこちらから

デイトラについては、下記の記事でも詳しくまとめています。ぜひ合わせて参考にしてください!

Webデザイナーはコーディングも身につけて幅を広げよう!

この記事では、コーディングができないWebデザイナーが危険な理由や、苦手でもやった方がいい理由について解説しました。

苦手でもコーディングを学んだ方がいい理由は下記です。

  • 転職の場合応募さえできない
  • 差別化できないから将来的な収入は良くない
  • デザインの仕上がりに差が出る
  • 「できない」と「できるけどしない」は別物

とくに個人で活動するWebデザイナーは、コーディングができない人が増えています。

同じようなデザイナーになって埋もれないように、「差別化」としてもコーディングは身につけるのがベストです!

さくらこ

自分の幅も広がるので、ぜひ身につけてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次