当ブログテーマ【SWELL】を使った正直な感想 詳しくみる

独学でWebデザイナーになる手順「フリーランス目指す方向け」

こんにちは、さくらこです!

女の子

独学でフリーランスのWebデザイナーになりたいですが、何から始めるべきか悩んでます。できるだけ効率のいい進め方を教えてください。

このような質問にお答えします。

ざっくり言うと、独学は下記の流れで学習し、フリーランスを目指していきます。

  1. スキルを習得
  2. 勉強しつつ仕事を受ける
  3. 本格的にフリーランススタート
  4. 仕事の受注を安定させる

私はスクールに通いましたが、そこから学んだ効率のいい学習方法と、現在フリーランスとして活動している経験から、最適な独学のロードマップについて書きたいと思います!

目次

独学でフリーランスWebデザイナーになるには6ヶ月ほど必要です

まずですが、独学でフリーランスWebデザイナーになるには、最低6ヶ月~1年はかかります。

スクールでも本格的なカリキュラム制なら、学習に半年~1年ほどは必要としています。

さくらこ

私は6ヶ月のカリキュラムタイプで、大学と同時に通っていた関係で1年かけて卒業しました!

スクールでもそれぐらいはかかるので、それを独学でやるなら最低6ヶ月は見ておく方がいいです!

Webデザイナーに必要なスキルと知識

Webデザイナーに必要なスキルと知識を下記にまとめます。

最低限必要なスキルと知識

  • Photoshop
  • Illustrator
  • HTML/CSS
  • WordPressの操作+カスタマイズ

基本的にはこれらが必要で、必ず身につけるようにしましょう。

さくらこ

目指すデザイナーによって必要なスキルはそれぞれですが、フリーランスを目指すならこれらは最低限学んでくださいね!

さらにあるといいもの

  • PHP
  • jQuery
  • Webマーケティングの知識
  • SEOを意識したライティング力
  • 集客できるサイトの運営スキル

これらは無くてもWebデザイナーになれるけど、あるとさらにいいスキルです。

とくにWebマーケティングの知識や、SEOを意識したライティング力は、個人で活動するには重宝しますよ!

さくらこ

収入アップや、生き残るデザイナーになるには、身につけるのがおすすめです!

独学でフリーランスWebデザイナーになる手順「ロードマップ」

それではここから、独学でフリーランスWebデザイナーになるための、ロードマップを書いていきます。

大まかな流れはこんな感じです。

  • スキルを習得
  • 勉強しつつ仕事を受ける
  • 本格的にフリーランススタート
  • 仕事の受注を安定させる

上記を効率のいい流れで、詳しくまとめていきます。

①パソコンとデザインソフトを準備

まず、学習に入る前に必ず準備するものが、パソコンとデザインソフトです。

さくらこ

すでに用意している方は、飛ばしてください!

パソコン

パソコンは下記のスペックのものがおすすめです。

  • CPU→Corei5以上
  • メモリ→16GB以上
  • サイズ→15インチ以上(ノートパソコンの場合)

最低限上記のスペックがあれば、WindowsでもMacでもどちらでも大丈夫です!

価格ならWindowsに軍配が上がり、デザイン性ならMacに軍配が上がります。

  • 今は安めのWindows購入→稼げるようになったらMacに移行
  • とにかくテンション上げたいからMacにする

あとはこんな感じで気分的に決めるのもOKで、私は最初から現在もWindowsを使ってます!

さくらこ

Windowsの理由は、Macより安かったのと、今でも全然困る事が無いから変更してないだけ、という感じです(笑)

制作会社ではMacを使いましたが、「操作性が違い過ぎて困る」なんてこともなかったですよ!

ちなみに私のパソコンは8GBのものですが、メモリを16GB×2=32GBにしています(笑)こんな方法もありますが、これは推奨されたやり方ではないので、あくまで自己責任でお願いします!

デザインソフト

デザインソフトはAdobeのものがおすすめで、必要なのは下記です。

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Dreamweaver(これは無料のもので代用可)

Dreamweaverはコーディング用のものですが、たとえば「Visual Studio Code」という無料のものでもOKです!

IllustratorとPhotoshopについては、印刷会社や提携企業(クライアント)の利用率が高いので、契約しておくのが無難です。

さくらこ

ただ、Adobe製品って結構高いんですよね(泣)

コンプリートプランなら、月々10,280円、年間一括72,336円。Illustrator・Photoshopは各月々2,728円(年間一括28,776円)かかります。

IllustratorとPhotoshop両方契約すると、年間57,552円。。

おすすめは、デジタルハリウッドのAdobeマスター講座に申し込むことです!

デジハリはWebのスクールで、講座を受講=生徒になるということで、なんと39,980円(税込)で1年間全てのソフトが使い放題になるんです!!

さくらこ

つまりAdobe公式ではコンプリートプラン72,336円のところ、デジハリを通せば39,980円で使えちゃうというわけなんです!

しかも生徒になるといっても、動画教材が見放題(1ヶ月)になるだけで、面倒なことをする必要はありません。

Adobeソフトの基礎を動画教材で学べるうえに、課題の添削も受けられるので、独学にはかなりおすすめです!

私は昔これを知らずに、コンプリートプランで泣く泣く大金を払っていました。どうせ同じものならお得に契約してくださいね!

>>デジタルハリウッドのAdobeマスター講座の申込はこちらから

②IllustratorとPhotoshopでデザインスキルを身につける

パソコンとソフトの準備ができたら、次はソフトを使ってデザインスキルを身につけます。

私が通ったスクールで学んだ順番と内容は下記のとおりです。

  1. Illustrator(約1ヶ月):直線・曲線を描く、図形を扱う、線と図形でいろんな形を作る
  2. Photoshop(約1ヶ月):写真の色味を変更してみる、写真の切抜き

だいたいこんな感じです。

どちらもたくさんの機能がありますが、使うのは一部だけなので、覚えるのも限られたものだけです。

さくらこ

私は未だに使ったことがないツールもたくさんありますよ!

なお、ソフトの使い方は、Udemyのウェブデザインコースがおすすめです。

主にソフトはPhotoshopになりますが、Webサイトの「ワイヤーフレーム」制作も学べて実践的です。

また、後述のHTMLとCSSを使ったコーディングもあるので、かなり効率的に学べますよ!

>>ウェブデザインコース

②バナーや名刺のデザインを作ってみる

ソフトの基本操作を覚えたら、バナーや名刺のデザインを作ってみるのがおすすめです。

操作スキルも上がるし、何より形になることで楽しく技術を身につけることができます!

一応バナーはRGB、名刺はCMYKというように、色の違いがあります。ただ操作はほとんど同じなので、勉強になりますよ!

バナーはトレースといって、参考のものを完璧に真似てみるのが上達のポイントです。

たとえばretrobannerには、いろんなジャンルのバナーがあるので、ここから参考にしてみてください!

また、名刺は自分のもや、架空のお店のものを作ってみるのがおすすめです!

ある程度技術が上がったら販売してみよう!

バナーや名刺作りで、ある程度技術が上がったら、実際に販売してみましょう!

この時、販売にはクラウドサービスがおすすめですが、なかでも1番おすすめはココナラです。

練習で作ったバナーや名刺をポートフォリオ代わりに販売して、実績を作っていってください。

さくらこ

最初は売るのも難しいですが、徐々にコツを掴んで、「売るスキル」も身につきますよ!

初めてのときはやり方も全く分からないと思うので、まずは自分が購入者としてプロの流れを把握するのがおすすめですよ!

名刺であれば比較的安いし、プロのデザインを実際に見ることもできます。

1度取引してみると、不安もかなり解消されるので、ぜひ試してみてくださいね!

>>サービスをさがす

③HTML/CSSでコーディングスキルを身につける

デザインスキルが身についたら、次はHTML/CSSのコーディングスキルを身につけます。

デザインとコーディングのどっちから学ぶかですが、お好きな方からで大丈夫です!今回は私がスクールで学んだ順でご紹介してるので、気になる方からやってみてください。

HTMLとCSSの学習には、本やYouTubeでたくさん情報がありますが、

おすすめは、ZeroPlus Gateの利用です。

受講料は0円で学べるのと、30日間でWeb制作スキルが身につきます!

上でご紹介したUdemyようにデザインの学習はないですが、無料でコーディングを学べるなら利用する価値はあります。

さくらこ

また、UdemyにはないJavaScriptも学べるので、両方使いがおすすめですよ!

無料で受講できる理由は、スクールであるZeroPlusに対する体験位置にあるからです。

ZeroPlus Gateの受講をきっかけに入塾される方もいるので、そこで成り立っているという感じで、決して怪しい理由ではないので安心してくださいね!

>>30日間無料でWeb制作スキルが身につくZeroPlus Gate

④WordPressの操作方法を覚える

次はWordPressの操作方法を覚えましょう。

今は多くの方がWordPressを使ったサイトを希望しているので、対応できるようにしておくのがマストです。

WordPressでのサイト作りには2種類あります。

  1. 既存テーマを使ったカスタマイズ
  2. 自作テーマを使う

既存テーマのカスタマイズは、比較的簡単にできるので、個人事業主のクライアントからの依頼が多いです。

自作テーマはPHPを使うので難易度は上がりますが、その分単価も高く、企業からの依頼が多めです。

また、どちらの方法でもWordPressを使うことで、ドメイン・レンタルサーバーの知識も身につきますよ!

WordPressの操作については、上でご紹介したZeroPlus Gateで無料で学べるのでおすすめです!

⑤自分のサイトを作る

基本的なスキルが身についたら、自分のサイトを作ります。

これがポートフォリオにもなるし、集客場所にもなります。

ホームページは信頼性が上がるツールでもありますが、Webデザイナーなら持っておくようにしましょう。

さくらこ

学習のときに作ったデザインや、受けた案件の実績などもアップしてくださいね!

サイトはWordPressを使って作るのがおすすめで、情報をどんどん発信していきましょう!

ライティングやSEOの勉強にもなるし、それは「Webデザイン×○○」の複合スキルにもなりますよ!

テーマならSWELLがおすすめ!

もし既存テーマのカスタマイズで作る場合は、WordPressテーマ「SWELL」がおすすめです。

当ブログでも使用しており、なにより100%GPLという、1回購入すればクライアントのサイトにも使える神テーマなんです!

さくらこ

テーマによってはサイトごとに購入が必要ですが、SWELLならそのテーマ購入費を抑えられるので、Webデザイナーにはめちゃくちゃ助かります!

>>SWELLの特徴を見てみる

⑥屋号を決めて開業届を提出する

準備が整ったら、屋号を決めて開業届を提出しましょう!

開業届を提出するメリットは、下記のようなものがあります。

  • 青色申告を受けられる
  • 事業用の銀行口座を作れる
  • 事業用のクレジットカードを作れる

年間所得が20万円を超えると確定申告が必要です。

青色申告には「開業届と青色申告承認申請書」の提出が必要ですが、最大65万円の控除が受けられるので、ぜひ提出しておきましょう!

開業届は、近くの税務署で提出することができます。数分程度で完了するので簡単ですよ!

⑦晴れてフリーランスに!どんどん仕事を受注しよう

というわけで、ここからやっとフリーランスとしての活動がスタートです!

さくらこ

どんどん仕事を受注していきましょう!

仕事の受注場所にはいくつかありますが、

  1. 自分のサイト
  2. SNS
  3. クラウドソーシング

たとえばこの中だと、①>②>③の順番で狙えるのが理想です。

ですが理想というだけで、初心者にはクラウドソーシングココナラが1番簡単で案件を受けやすいです!

ただ、手数料が引かれるので、ある程度実績を作れたら早めに抜けるようにしましょう。

ココナラで実績を作りつつ、自分のサイトの集客にも力を入れて、最終的にはそこで受けられるようにするのが理想の流れです!

やり取りの流れなどに不安がある場合は、まずは自分がサービスの購入を試してみるのがおすすめです!

さくらこ

イラストや名刺なら、価格も安く抑えられますよ!

>>サービスをさがす

もう少し具体的なフリーランスWebデザイナーの仕事の取り方や、仕事獲得のポイントについては下記でまとめています。こちらも合わせて参考にしてください。

独学から成功の秘訣は、早めに小さな仕事を受けてみること

それではこの記事のまとめです。

独学から成功の秘訣は、早めに小さな仕事を受けてみること。

独学はいかに挫折しないようにするか工夫するのがポイントです。

そして挫折しないようにするには、小さな成功体験を積み重ねること!

デザインスキルを身につけたら、コーディングを学習しつつバナーなどの仕事を受けてみる。

それが上手くいけば、自分でもやれるという自信になり、学習のモチベーションにも繋がります。

失敗は誰にでもあるし、失敗することで学べることもあります。

さくらこ

失敗は早めに経験しておいた方がいいので、恐れずにどんどんやっていきましょう!

よかったらシェアしてね!
目次