当ブログテーマ【SWELL】を使った正直な感想 詳しくみる

フリーランスWebデザイナーってどう?「年収事情をぶっちゃけ」

こんにちは、さくらこです!

女の子

フリーランスWebデザイナーの年収って、ぶっちゃけどんな感じですか?リアルな収入を知りたいです!

このような質問にお答えします。

私は現在フリーランス歴3年です。それなりにやってこれたと思いますが、仕事と収入のバランスは大事だと痛感しています。

よくブログでは「○○万円稼げました!」とか見ますが、数字だけを見て判断するのは違うなと思っています。

何事もバランスが大事で、身を削って稼ぐのはおすすめではありません。

この記事では、私が3年間の経験から失敗したことも交えつつ、リアルな年収事情を書いていきたいと思います。

世間一般の会社員とフリーランスの年収については、下記の記事に書いています!

目次

フリーランスWebデザイナー1年目の収入・年収事情

それではさっそく、フリーランスWebデザイナー1年目の収入・年収事情です。

最初の5ヶ月間は仕事ゼロ=収入もゼロ

実は私、最初の5か月間は仕事がなく、収入もゼロでした。

理由は単純で、ほとんど準備もせずに、いきなりフリーランスになったからです。

さくらこ

すぐに仕事が見つかるだろうという甘い考えでしたが、世の中そんなに甘くはありませんでした。

もともと制作会社に勤務していて、フリーランスになりたいと考え始めてから、自分のホームページは用意していました。

でもそれだけで、仕事を獲得する前に会社を辞めてしまいました。

貯金が少しあったのですぐにお金には困りませんでしたが、それでも焦りや不安が大きかったです。

副業もしくはフリーランス向けスクールから始めよう

副業スタートか、もしくはフリーランス向けのスクールで、仕事の獲得方法を学んでから独立しましょう。

当ブログでは何度も上記のことを書いていますが、私自身がしんどい思いを経験したからなんですね。

長期戦でも大丈夫ならいきなりでもいいですが、いつになるかは誰にも分からりません。

やっぱり精神安定のためにも、ある程度実績を積むか、知識を入れてから始めるのがおすすめです!

さくらこ

精神状態は仕事のクオリティにも直結しますよ!

5ヶ月半にして仕事を獲得=少し収入になる

フリーランス歴5か月半にして、やっと仕事を獲得して、少し収入になりました。

獲得した内容はこちらです。

  • ショップカード→3,000円ぐらい
  • ホームページ→50,000円

初めて獲得したのはショップカードで、収入は3,000円ぐらいでしたが、めちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています!

さくらこ

初めて自分の力で仕事をゲットして、クライアントからも喜んでもらえたので、めちゃくちゃ嬉しかったです!

そこから仕事は少しずつ増えていって、年収でいうと1年目は50万円台ぐらいという結果でした。

初仕事獲得までにやったこと

仕事獲得のためにやっていたことはこちらです。

  • 自分のホームページを整える
  • SNS(Instagram)
  • クラウドソーシング(ココナラ)

これらをやっていて、初仕事のショップカードはココナラでの依頼でした。

次のホームページ制作はSNSからでしたが、ホームページも見てくださっていたようです。

さくらこ

ホームページがあったことで料金なども分かりやすく、個人でも信頼性を感じたとのことで依頼に繋がりました!

どれからやってもいいですが、初心者の方におすすめなのはココナラです。

SNSはフォロワーが付くまで難しいのと、ホームページは集客までに時間がかかります。

その点ココナラ割と早めに仕事を獲得できるのと、決済や取引の体制も整っているので、初心者でも安全に取引することができますよ!

未経験の方がココナラを利用するメリットや、販売するコツについては下記の記事でまとめています!

フリーランスWebデザイナー2年目の収入・年収事情

続いてフリーランスWebデザイナー2年目の収入・年収事情です。

徐々に軌道に乗って大きく稼げるようになる

少しずつ仕事を増やした結果、軌道に乗ることができて大きく稼げるようになりました。

2年目の最高月収は、ホームページ制作で60万円台です。

まあ60万円台を大きいと思うかは人それぞれですが、1年目のことを考えると自分的には大きいと感じています。

そのときのクライアントは企業で、月にすると60万円ですが、合計は200万円ぐらいでした。

ただ、これがめっっっちゃくちゃしんどかった!!!

単純な制作費で200万円というわけではなく、後からのいろんな追加があっての合計です。

疲弊して働き方に悩み始める

私が悪い部分もありますが、上記での仕事はクライアントに言われるがままでした。

途中から自分の目指す制作ではなくなったし、他のクライアントの制作も同時進行だったので、かなり精神すり減らしていました。

朝早くに起きてから深夜まで仕事をやってたし、おまけに不眠にもなったので、あまり寝られずという感じでした。

さくらこ

いろんな不安もあったし納期にも追われるしで、休みもほとんど取らずに仕事してました。

不安から休みを取らないって、初心者にはあるかもしれないですが、長くは続かないしよくありません。

結局その案件終了後はやる気も失速して、2年目の年収は350万円ぐらいでした。

1年目と比べると結果はいいですが、二度とやりたくない働き方です。

フリーランスWebデザイナー3年目の収入・年収事情

フリーランスWebデザイナー3年目の収入・年収事情です。

2年目を踏まえて、働き方を考え直しました。

個人事業主を中心に、大きすぎない案件を受注する

クライアントは企業をやめて、個人事業主を中心に変更しました。

企業が相手だと大きく稼げますが、ボリュームが大きいと私は仕事のバランスが取れないと思ったので、避けておきます。

ただ、個人事業主だとボリュームが大きくないので、1件当たりは20万円~と低めです。

そして年収でいうと200万円台と、2年目よりも下がっています。

ですが私には精神的な負担が少なく、この方が合っているようなので、引き続きこのペースでやっていきたいなと考えています!

フリーランスWebデザイナーが収入を上げる方法

フリーランスWebデザイナーが収入を上げるには、いくつか方法があります。

  1. 仕事の量を増やす
  2. 企業をクライアントにする
  3. 外注する
  4. チームを組む
  5. 別の収入源をつくる

この中で私がおすすめだと思うのは、「チームを組む」か、「別の収入源をつくる」ことです。

①~③は実体験から大変なことや、限度や難しさがあると思っているので、避けておきます。

チームを組む

チームを組むのは、自分が得意なことに集中できるメリットもあるので、おすすめです!

チームを組むというのは、フリーランス初心者にとっては仕事も入りやすいし、相談できる相手もいるので好条件じゃないかと思っています。

ただ、私は1人が好きなのと、全部をこだわりたいので、チームを組んでいませんが、、笑

SNSでは結構チームメンバーの募集を見かけるので、興味がある方はぜひ探してみてくださいね!

別の収入源をつくる

別にWebデザイナーだからといって、制作にこだわる必要はありません。

フリーランスは基本自由だし、収入源が複数ある方がリスク回避にもなります。

Webデザインだけで仕事しないといけないことはなくて、むしろ働き方を考えるべき場合だってあります。

  • デザイン案件が入らなければ
  • 結婚して仕事の時間が減れば
  • 突然のケガや病気で仕事ができなくなったら

正直Webデザイナーでもなんでも、成果報酬型の仕事には危険性があります。

なので、たとえばブログやYouTubeなど、ストック型で稼げる方法を別の収入源として、今から取り組んでおくのはおすすめですよ!

フリーランスWebデザイナーの年収事情まとめ

この記事では、私のフリーランスとしての年収事情や仕事内容についてご紹介しました。

  • 1年目→半年間仕事も収入もゼロ、その後仕事獲得で年収50万円台
  • 2年目→大きな仕事獲得で月収60万円台、結局疲弊して年収は350万円ほど
  • 3年目→仕事のバランスが取れて年収200万円台、精神は良好

リアルな推移は上記のとおりです。

収入がアップしても身を削るぐらいなら、収入を下げた方がいい場合もあります。

もちろんお金は大事なので、別の収入源なども考える必要がありますが、精神安定を第一に行動していきたいと思います!

よかったらシェアしてね!
目次