【2022年】Webデザインスクールおすすめ9選比較 詳しくみる

WordPress企業サイト(会社ホームページ)の作り方【初心者向けにわかりやすく解説!】

こんにちは、さくらこです!

女の子

WordPressを使って自分で会社のホームページを作りたいです。手順や作るときのポイントを教えてください!

この記事では、WordPressを使った企業サイト(会社のホームページ)を作る手順を解説します。

企業サイト(会社のホームページ)は、「ターゲットユーザー」を考えて設計することが、集客できるサイトにするためのポイントです!

そもそもですが、ただサイトがあればいいのではなく、「集客」や「成約」のためにサイトが必要なわけですよね?

「そうそう!」という方は、いきなりデザインから考えたりするのではなく、しっかりと基礎部分を固めてから作っていきましょう!

この記事では単なるサイト作成の手順ではなく、「集客できるサイト」にするためのポイントを挙げながら解説しています。

さくらこ

この記事では具体例として、「エトリール脱毛サロン」のホームページを作るとして解説を進めていきます!

どんな業界・職種でも、ご自身の会社やサービスに当てはめながら、順番に進めていただければ大丈夫です!

一緒に集客できる企業サイトを作っていきましょう!!

目次

WordPressで企業サイト(会社ホームページ)を作るときの全体像

WordPressで企業サイトを作るときの全体像はこんな感じです。

  1. WordPressで企業サイトを作るための設計【1番大事‼】
  2. サーバーを契約&WordPressインストール(ホームページ開設完了)
  3. WordPress開設後の設定

WordPressで企業サイトを作るときは、この手順で進めていきます。

さくらこ

難しく感じるかもしれませんが、この記事の手順通りに進めていけば大丈夫なので、初心者の方も安心してくださいね!

WordPressでサイトを作るときに必要なものと費用

WordPressでサイトを作るときには、下記の3つが必要になります。

  • サーバー(土地)
  • ドメイン(住所)
  • WordPress(家)

サーバーやドメインなどの名称はよく分からないかもしれませんが、とくに覚えなくても大事です!

WordPressでサイトを作るときの費用は、下記の通りです。

WordPressでのサイト作成にかかる費用
  • サーバー:月々1,000円程(最低3ヶ月~の契約で3,000円ほど)
  • ドメイン:無料
  • WordPress:無料
さくらこ

企業サイト(ホームページ)は、月々1,000円程度で運営することができますよ!

WordPressで企業サイトを作るための設計【一番大事‼】

WordPressで企業サイトを作るときは、何よりもサイトの設計が1番大事です!

この部分がサイト集客の成功に関わってくることなので、しっかりと考えてくださいね!

1番最初のサイト設計に考えるべき内容は、下記の5つです。

  1. 目的(ゴール)
  2. コンセプト
  3. ターゲット
  4. サイトのキーワード
  5. サイトに必要な内容

目的(ゴール)

まずはサイトの目的(ゴール)を決めましょう。

サイトの目的には、たとえば下記のようなものがあります。

  • 会社やブランドの認知
  • 資料の請求
  • 説明会や体験会などの参加
  • サービスの予約

なんのためにサイトを持ちたいのか、作る目的をきちんと定めておきましょう!

さくらこ

目的をしっかりと定めることで、より目的を達成できるサイトを作ることができますよ!

ただ作るのではなく、「何のために作るのか」を見失わないようにしてくださいね!

エトリール脱毛サロンの場合

新規顧客にエトリール脱毛サロンを知ってもらう。新規顧客に施術の予約をしてもらう。

コンセプト

次はコンセプトを決めますが、これはサービスを立ち上げた際にすでに決まっている場合も多いと思います。

もし決まっていない場合は、下記をポイントに考えてみてください!

  • 何を売りにするか
  • 何が強みか
エトリール脱毛サロンの場合

『肌への負担が少ない最新機器導入で、敏感肌でも安心して脱毛できる脱毛サロン』

最先端の機器を導入しているので、肌への負担を抑えて施術を受けられます。

また、施術前にテストも行っているので、安心して脱毛することができます。

ターゲット(サイトに訪れてもらう人)

次はサイトに訪れてもらうターゲット(お客様になってほしい人)を決めていきます。

エトリール脱毛サロンの場合
  • 敏感肌でも脱毛したい方
  • 肌を綺麗にしたい方
  • 低価格で脱毛したい方
  • 脱毛サロン選びに悩んでる方

たとえば脱毛サロンでも、提供サービスや機器のグレード、価格もさまざまですよね。

どんな人をターゲットにしたいのかを決めることで、サイトでアピールすべきポイントも見えてきますよ!

幅広い層やターゲットにアピールするよりも、できるだけ絞って「ピンポイント」で集客する方が、より成約率は高くなります!

私が制作を担当させていただいたお客様の中でも、細かく選定できている方もいれば、全然考えてなかったという方もいます。

さくらこ

もし考えていなかった場合は、これを機に考えてみてくださいね!

サイトのキーワード

サイトのキーワードというのは、検索結果でヒットしてほしい言葉のことです。

サイトのキーワード選びは、SEOに関わる大事な部分です。

ちなみにSEOとは「検索結果の上位に表示させる」には必要なことで、Web集客では必須のものですよ!

さくらこ

キーワード選びがサイト集客の成功を左右するといっても過言ではありません。しっかり考えていきましょう!

企業サイトの場合は、だいたい下記の3点で考えることが多いです。

  1. 店名(サービス名)
  2. サービス内容
  3. 会社や店舗がある地域名
エトリール脱毛サロンの場合

エトリール・脱毛サロン・大阪北区・梅田

「大阪北区梅田で脱毛サロンを探している人」に見つけてもらう為のキーワードになっています。

さくらこ

主要な駅が近くにある場合は、「○○駅」というキーワードがあってもいいですね!

キーワード選定のポイント

よく考えてほしいですが、キーワードというのは、検索者(お客様)が検索で入力するときの言葉です。

ということは、「検索結果でヒットしてほしい言葉=検索してもらえる言葉」でないといけませんよね。

例として美容室のホームページを作ると想定して、キーワードを挙げてみたいと思います。(脱毛サロンは難しかった)

美容室には、他の言い換えワードとして下記のような言葉があります。

  • 美容院
  • ヘアサロン
  • ビューティサロン

この中ではなんとなく「ヘアサロン」がおしゃれだから、「ヘアサロン」をキーワードにしよう!

さくらこ

こんな風に考えると、集客の大失敗です。

実際に美容室を探すときに、「ヘアサロン」って検索する人ってどれくらいだと思いますか?

答えは、、、1ヶ月の「大阪 ヘアサロン」の検索は208回でした!!

ちなみに他のキーワードは、下記の回数です。

  • 「大阪 美容室」→2,880回
  • 「大阪 美容院」→1,520回
  • 「大阪 ビューティサロン」→データが見つからない

どうでしょうか?208回の検索数と2,880回の検索数では、どちらがいいかは明白ですよね。

さくらこ

もしキーワードを「ビューティーサロン」にしていたら、とても恐ろしい結果になっていましたよ!!

どれだけおしゃれなサイトを作っても、キーワード選びが間違っていれば、『そもそも誰も訪れないサイト』になってしまいます。

キーワードを決めるときは、必ずデータから分析して判断することが大切です!

サイトに必要な内容

次はサイトに必要な内容を考えます。

企業サイトであれば、下記の内容が必要になることが多いです。

  • 会社やサービスの詳細情報
  • プラン・料金
  • 利用方法
  • スタッフ紹介
  • お客様の声・事例
  • よくある質問
  • 会社概要・アクセス
  • お知らせ
  • お問い合わせ
さくらこ

ご自身のサービス内容に合わせて、ページの追加や削除は考えてくださいね!

内容に合わせて文章を考える

サイトに必要な内容が決まれば、それに合わせて文章を考えていきます。

文章を考えるときのポイントは下記です。

  • キーワードを使って文章を考える
  • 専門用語はあまり使わず、ユーザーへの伝わりやすさを意識

文章は、上で書いたキーワードを取り入れながら考えてみてください。

「大阪のビューティサロン」ではなく「大阪の美容室」と入れるなど。

さくらこ

ただこれは闇雲に入れればいいわけでもありません。文章が不自然にならないように気をつけながら入れてくださいね!

あとは、ユーザー(お客様)が分かりやすい文章にすることも大切です。

専門用語をたくさん入れるのは避けたり、長すぎる文章は読みやすく分けるなど。

さくらこ

ユーザーファーストを心がけて、工夫してくださいね!

サーバーを契約&WordPressインストール(ホームページ開設)

それではここから、サーバーの契約とWordPressをインストールして、サイトを開設していきます。

サーバーを契約&WordPressインストール

ドメインとサーバーの会社はいろいろありますが、当記事では「エックスサーバーのWordPressクイックスタート」の利用をおすすめしています!

本来WordPressでホームページを始めるには、下記の手順が必要です。

  1. ドメインの契約(ドメインの会社で)
  2. サーバーの契約(サーバーの会社で)
  3. ドメインとサーバーの紐づけ作業
  4. WordPressのインストール
さくらこ

でもこの手順って、ドメインとサーバーの会社を行ったり来たり、紐づけやらなんやら結構ややこしいんです。

ですがエックスサーバーのクイックスタートを利用すれば、これらを1工程で済ませられるんです!

手順もとても簡単で、初心者の方でも約10分ほどで完了できますよ!

さくらこ

サイトの開設ぐらいスピーディーに終わらせたいので、ぜひこの方法で進めてみてくださいね!

エックスサーバーのWordPressクイックスタートの手順は、下記の記事で解説しています!

WordPress企業サイト(会社ホームページ)開設後の設定

WordPressの初期設定

WordPressで企業サイトが開設できたら、まずは初期設定を済ませておきます。

やっておきたい初期設定は、下記の8つです。

  1. タイトル&キャッチフレーズ
  2. SSL設定
  3. 管理者メールアドレス
  4. 日付・時刻
  5. パーマリンク
  6. コメント機能
  7. カテゴリー
  8. WordPressに関係するすべての更新

多いと感じるかもしれませんが、すべて簡単な設定で終わるので、ぜひ最初にやっておいてくださいね!

とくにパーマリンクはSEOに関わる部分でもあり、途中で変更するとエラーになる可能性もあるものです。必ず最初に設定しておいてください。

初期設定の詳しい手順は下記の記事で解説しています!

WordPressテーマを使ってデザインを整える

WordPressの初期設定が完了したら、次はWordPressテーマを使ってデザインを整えます。

テーマとは、WordPressのデザインなどを簡単にしてくれるものです!

テーマには無料と有料がありますが、どちらでも大丈夫です。

ですが予算的に大丈夫であれば、できれば有料のものがおすすめです!

スクロールできます
無料有料
費用はかからない
英語対応が多い
カスタマイズは少し難しい
SEO対策は自分で見極める必要あり
費用がかかる
日本語対応も充実
機能豊富でカスタマイズも簡単
SEO対策はしっかりされている

有料テーマは費用こそかかりますが、その分の機能や設定が充実しています。

ある程度カスタマイズ力があれば無料でもいいですが、結局途中で断念するなら時間がもったいないので、最初から有料にしておくのがおすすめです!

さくらこ

私は両方使ったことがありますが、有料テーマを使ってからはもう無料には戻れません!

もし有料テーマを使う場合は、私がおすすめしているのは下記の2つです。

おすすめWordPressテーマ
  • 超初心者でも安心!当てはめるだけの「TCD」
  • 自由自在にサイトを作りたいなら万能な「SWELL」

超初心者でも安心!当てはめるだけの「TCD」

超初心者さんには、当てはめるだけで簡単にサイトデザインができる「TCD」がおすすめ!

あらかじめ組まれている枠に合わせて文章や画像を入れるだけなので、構成やデザインに不安がある方でも安心です。

それにTCDでは、サービスごとに合ったテーマが展開されています。

たとえばサロンならサロン用のテーマを選べば、必要な項目はすべて用意されているので、難しい知識がなくても集客できるサイトが作れちゃいますよ!

さくらこ

私が初めて購入した有料テーマがTCDでした!とても簡単に操作できたので、超初心者の方には1番おすすめです!

自由自在にサイトを作りたいなら万能な「SWELL」がおすすめ!

初心者~上級者さんや、自由自在にサイトをアレンジしたいなら、万能で優秀な「SWELL」がおすすめ!

こちらは機能が豊富でカスタマイズ性が高く、自由にサイトの構成やデザインを作ることができるテーマです。

さくらこ

当ブログでもSWELLを使っており、制作依頼を頂いたお客様のサイトでも使っています!

自由自在にカスタマイズできる分、構成などは自分で考える必要がありますが、操作自体はとても簡単です!

ホームページでもブログでも企業サイトでも利用者が多いので、分からないことがあっても調べると大体のことは解決しますよ!

当ブログでもSWELLのカスタマイズに関する記事を書いています。また、制作依頼も承っているので、もしSWELLを購入したけどサイトが完成しなかった!という場合は、お気軽にご連絡ください!

アナリティクス&サーチコンソールの設定

アクセス解析は、サイトへの「訪問者数」や「どんなキーワードで検索されているか」などが分かるツールです。

アクセス解析ツールにもいろいろありますが、メジャーなものは下記の2つです。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

Googleが提供しているサービスで、どちらも無料で利用することができます。

さくらこ

サイト運営にはかかせないツールなので、どちらも導入しておきましょう!

アナリティクスとサーチコンソールについては、当記事でもご紹介した『WordPressテーマ「TCD」』から詳しい記事が出ています。ぜひ参考にしてください。

WordPressで企業サイトを作るときのポイント3つ

WordPressで企業サイトを作るときのポイントを3つご紹介します。

同じ業界・自社に近いサイトを参考にする

構成やデザインをどこかのサイトから参考にするときは、下記をポイントに探してみてください。

  • 同じ「業界」や自社のサービスに近いサイト
  • 同じ「ターゲット層」を狙っているサイト

初心者さんは、できるだけ同じ業界や近いサービス、同じターゲット層のサイトを参考にするのがおすすめです!

同じ業界やサービス、ターゲット層であれば、必要なものや訴求ポイントが似ていることが多いです。

もちろん他社との差別化もしなければいけませんが、完全に別の業界を参考にするよりも、集客できる企業サイトを作成しやすくなりますよ!

企業サイトのデザインは、下記の記事で紹介しているギャラリー集が参考になります。

さくらこ

たくさんの企業サイトがアップされているので、サービスと同じ業界やターゲット層で探してみてくださいね♪

デザインにこだわりすぎない「見た目より中身が大事」

ホームページ作成でよくある勘違いですが、デザインだけにこだわっても、残念ながら集客できるサイトになるわけではありません。

サイトはデザインもある程度は大事ですが、それ以上に中身が大事です。

理由は上でも書いたように、キーワードを意識した文章や、サイト完成後の運営の方が、集客には重要だからです!

デザインはサイトを訪れたあとに分かるものですが、そもそもその前にはサイトに「訪れる」が必要ですよね。

そしてサイトに訪れてからは、ターゲット層の心を掴むデザインも必要ですが、結局は中身がないと集客(成約)には繋がりません。

デザインがサイトの離脱に関係する場合もありますが、成約にはそれ以上に中身の方がよっぽど重要です!

さくらこ

デザインもほどほどに、しっかりと中身を作りこんでくださいね!

写真や画像は著作権に気をつけよう!

写真や画像は、できればサービスや店舗を実際に撮影したものがおすすめです。

実際の店内や外観の写真を使うことで、確実なイメージが伝わります。

とくに自宅サロンなんかは、実際の写真を使うことで、少しでもお客様の警戒心を解くことに繋がりますよ!

さくらこ

警戒心を解いて安心感を持ってもらうことで、集客の第一歩になります!

ですがもし自分で写真を用意できない場合は、フリー素材を使う方法もあります。

フリー素材を使う場合は、著作権のトラブルにならないように、きちんと「商用可」であることを確認してから使うようにしてくださいね!

下記の記事では「商用可」のおすすめフリー素材サイトを8つご紹介しています。

すべて無料で使えるものなので、フリー素材を使うときは参考にしてください!

WordPressを使って自分で企業サイトを作ろう!

この記事では、WordPressを使った企業サイトの作り方について解説しました。

WordPressとテーマを使えば、初心者の方でも自分で企業サイトを作ることができます!

そしてこの記事で1番大事で意識してほしいのが、

デザインよりも、サイトの構成や中身の方がよっぽど重要ということ!

デザインは正直めちゃくちゃこだわってなくても、今回ご紹介したテーマを使ったもので十分です。

それ以上にキーワード選定や構成作り、サイト完成後の運営の方が、集客や成約のためには時間をかけてほしいところです。

さくらこ

この記事のポイントを踏まえて順番に考えていけば大丈夫なので、ぜひ自分で集客できる企業サイトを作ってみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次