WordPressでホームページを自作する方法≫

美容室ホームページの自作方法!集客のためのポイントも!

当サイトにはプロモーション広告が含まれています
美容室ホームページの自作方法!集客のためのポイントも!
シュガー

美容室のホームページは、初心者でも自作できる?

Saki

もちろん!Web制作の知識がなくても自作できるよ!

シュガー

わーい!じゃあさっそく作りたいな♪

Saki

じゃあ美容室ホームページの自作方法と、失敗しないためのポイントを教えるね!

美容室のホームページは、Webの知識がない初心者の方でも自作できます!

とはいえただ作るだけでは失敗のもとで、せっかくホームページが完成しても、集客できずに悩む人が多いんですよね。

美容室のホームページは集客できてこそ、そして売上に貢献してこそ成功といえます。

そこでこの記事では、集客や成約のためのポイントも合わせて、美容室ホームページの自作方法を解説していきます。

こんな人におすすめ
  • ホームページ制作にお金をかけられないから自作したい
  • ホームページから美容室の新規顧客を集客したい
  • 美容室のホームページに必要な内容を知りたい
目次

美容室ホームページの自作の流れ

まず美容室ホームページの自作の流れを大まかに書くと、

  • なにでホームページを作るかを決める
  • ホームページの設計をする
  • ホームページに必要なものを揃える
  • ホームページのページ作成やデザインカスタマイズ

このようにシンプルな手順です。

実はホームページの作成に取りかかるのは1番最後で、それまでに構成を考えたりなどの作業があります。

初めてホームページを自作する方にとっては、工程が多くて「うわ~めんどうだな」って思うかもしれません。

Saki

その気持ちすごく分かります。できればパパっと作って、パパっと終わらせたいですよね。

でもホームページの自作を成功させるには、作る前の設計がめ~っちゃくちゃ重要なんです!

たとえばスポーツ選手でも、相手のチームに勝つには作戦を練るのが重要ですよね。

それと同じで、集客するにはライバルに勝たなきゃいけないわけで、そのための作戦を考える必要があるんです。

ここで「自分にできるか分からない、、」と思う方も安心してくださいね。

この記事では初心者の方向けに、必要なことを丁寧に解説するので、順番に読んでもらえれば集客できるホームページの自作もできますよ♪

美容室ホームページを自作するときのポイント

美容室ホームページの自作手順に入る前に、1つだけポイントをご紹介します。

ホームページのデザインにはこだわりすぎない

集客や成約できるホームページにしたいなら、デザインにこだわりすぎるのはNGです。

ホームページ作成となると、構成よりなにより「デザイン」をどうしようかと考え込む人が多いです。

でもはっきりいって、「デザインのみ」にこだわるホームページは、失敗します!

なぜかというと、お客さまはホームページのデザインを見て、あなたの美容室に通うと決めるわけではないからです。

もちろんデザインも集客には必要な1つの要素ですが、

  • デザインを見て良さそうな美容室だと気になり始める
  • 中身を読んで、予約するかどうかを決める

最終判断は、デザインではなく、内容の中身なんですね。

たとえば、すんごく好みのパッケージのお菓子を見つけても、中身が好きでないものなら買わないですよね。

(私なら、とびきり可愛い箱に入っていても、中身が麩菓子なら買わないです。)

こんな感じで、見た目も大事なものの、それ以上に中身が大事です。

美容室やサロン関係者は、おしゃれやセンスに秀でてる分、見た目にこだわる方も多いですが、、

デザインにこだわるのもほどほどに、自分の美容室の魅力を伝えられる中身で勝負してくださいね!

美容室ホームページの自作①「なにで作るかを決める」

ここからは、先ほど書いた美容室ホームページの自作の流れに沿って、手順を詳しく解説していきます!

まずは「①なにで作るかを決める」ですが、ホームページを作るツールには、

  • Wix
  • ジンドゥー
  • STUDIO
  • WordPress
  • ペライチ

このようにいろいろあります。

シュガー

あり過ぎてどれがいいか分からない。

Saki

おすすめはWordPress(ワードプレス)だよ!悩んでも悩まなくてもこれ一択!

WordPress(ワードプレス)はCMSとよばれる、ホームページ作成ツールの1つです。

なぜWordPressが1番いいかというと、

  • ブログ機能がある
  • SEOに強い

からなんですね。

集客方法にもいろいろあるものの、個人の集客にはブログを使ったSEO集客がおすすめです。

SEOってなに?という方は、ホームページやブログに重要なSEOとは?の記事を参考に、SEOについて学んでくださいね!

SEO集客をするには、ブログ記事を投稿しなければいけないので、とにもかくにもブログ機能が必要。

どうせブログを使ったSEO集客をするなら、少しでもSEOに強いものを使った方がいい!

というわけで、WordPressを使うのが、美容室ホームページの自作や集客に1番おすすめです!

SEO集客なら、余分な広告費もかからず、しかも初心者の方でも取り組めます。

しかもSEOなら集客効果が安定するメリットもあって、将来的には安定した継続集客も期待できますよ♪

泣きたくないなら無料ツールはやめておこう!

ちなみにホームページを自作するツールには、無料のものもありますが、泣きたくないならやめておいた方がいいです。

理由は2つあって、

  • 広告が入る
  • 突然サービスが終了する可能性がある

このようなリスクがあるからなんですね。

広告が表示されれば、ホームページに訪れたお客様にとってはうっとうしいですよね。

Saki

せっかく訪問してくれても、広告のウザさに「もう見るのやめた!」という人も少なくありません。

でもそれ以上に危険なのが、突然サービスが終了する可能性があることなんです。

たとえば使っている無料ツールF社が、「明日からサービス終了しま~す」といえば、もう明日からあなたのホームページは消えてしまいます。

そんなバカな?と思うかもしれませんが、実際に過去には、

株式会社ディー・エヌ・エーの「ZEROSTORE(オンラインショップ構築サービス)」が終了している事例があります。

シュガー

ある日突然ホームページが消えるのは恐ろしい、、。

ホームページが消えるということは、集客する場所も、訪問してくれていたお客さまも、すべてが無くなるということです。

せっかく積み上げてきたものが消えるので、泣きたくないなら無料ツールだけは避けてほしいです!

ちなみにWordPressは運営費用がかかりますが、かかるといっても初年度で35,000円ほど、翌年からは15,000円ほどで済みます。

年間15,000円で安定した集客効果を出せるので、費用対効果もバッチリですよ♪

美容室ホームページの自作②「設計する」

次は「ホームページの設計をする」ですが、美容室ホームページの自作で、ここが1番時間をかけてほしい部分です。

Saki

最初に設計するかどうかで、ホームページ自作の挫折率や、完成したホームページの集客・成約率が変わりますよ!

ホームページの設計で考えることは、下記の5つです。

  1. ゴール(目的)
  2. コンセプトや強み
  3. ターゲット
  4. サイトのキーワード
  5. サイトに必要な内容

まずはホームページのゴールを決めること。

そしてそのゴールに合わせて、必要な内容を考えていきます。

なぜ設計が必要なのか?

なぜこのような設計を先にしないといけないかというと、ゴールやターゲットによって必要なホームページの内容が変わるからです。

たとえば「予約」をゴールとする美容室ホームページなら、

スクロールできます
設計項目内容
ゴール(目的)新規顧客の予約
ターゲット髪のダメージに悩む人
コンセプトや強み髪の艶をよみがえらせるカットとカラー
サイトのキーワード「大阪 梅田 美容室」「大阪 美容室 カラー」など
サイトに必要な内容・美容室のコンセプトや想いなど
・メニュー・料金
・スタッフ紹介
・お店の営業時間や住所
・お問い合わせ・予約機能
・髪の艶を復活できる理由、カラー剤の詳細など

このような設計図になります。

ですがゴールが「求人の応募」なら、

スクロールできます
設計項目内容
ゴール(目的)求人の応募
ターゲットキャリアアップを目指したい未経験者
コンセプトや強み未経験でも早くステップアップできる、海外研修あり
サイトのキーワード「美容室 海外研修あり」「美容室 未経験」など
サイトに必要な内容・美容室のコンセプトや想いなど(求職者向けの)
・スタッフ紹介
・お店の営業時間や住所
・お問い合わせ・求人応募機能
・応募時に必要なスキルなど
・海外研修の詳細やキャリアアップの流れなど

こんな感じで、先ほどの「予約」がゴールの場合とは全然違いますよね。

また同じ「求人の応募」がゴールでも、

  • プライベートを優先して働きたい人
  • キャリアアップを目指したい人

では、打ち出すべき強みも変わってくるはずです。

これを頭ですべて整理できていればいいですが、なかなかそんな器用にはできませんよね(汗)

まずはしっかり設計することで、きちんとゴールを果たすホームページを作れるようになりますよ♪

下記の記事でコンセプトや強み、キーワード選びのポイントなどを解説してるので、ぜひ参考にしながら設計してください!

SEOやらキーワードやら、なんだか難しく感じるかもしれませんが、美容室ホームページの自作に失敗しないためにもぜひ参考にしてくださいね!

Saki

ここを乗り越えれば、あとはサクサクっとホームページの自作ができますよ!

美容室のホームページに必要な内容

美容室のホームページに必要な基本内容はこちらです。

スクロールできます
必要な内容内容の詳細
美容室の詳しい情報コンセプトや強み、こだわりや他美容室との違いなど
メニュー・料金カットやカラーなどのメニューや料金
スタッフ紹介スタイリストやスタッフの紹介
(プロフィールやスキル、実績など)
予約や来店時の流れ実際に美容室に通うときの流れ
お客さまの声お客さまの声や評価を掲載
(カット・技術・スタッフのことなど)
ヘアスタイルカットやカラーなどのヘアスタイル写真
キャンペーンや割引情報お得な価格になるキャンペーン等があれば記載
お問い合わせ・予約システム・連絡や質問を受けるお問い合わせフォームは必須
・予約システムはホームページ内に設置でも、外部サイトへのリンクでもOK

最低限これらの内容を用意しておくと、しっかりと美容室の情報を伝えられて、お客さまも迷いなく予約できます!

ここでのポイントは、できるだけ写真を使いながら紹介することです。

たとえば美容室の強みやこだわりの部分でも、文章だけで説明するのではなく、写真を添えながら細かく紹介するイメージですね。

もしカラーにこだわりがあるなら、カラー剤や塗っているところの写真を添えながら、

  • ○○のカラー剤を使うことでダメージが少ないです
  • カラー落ちを防ぐために○○するのがポイントです

と説明するような感じです。

またヘアスタイルの写真はもちろん、お客さまの声も写真付きにすることで、仕上がりのイメージだけでなく、客層の雰囲気も伝えられます。

とくに女性をターゲットとする場合は、「女性は文章を読むのが苦手」な傾向があるので、これを意識してたくさんの写真を使ってみてくださいね!

美容室ホームページの自作③「必要なものを揃える」

次に美容室ホームページの自作で必要なものを揃えていきます。

この記事ではWordPressで作ることを決めたので、WordPressに必要なものを揃えていきましょう!

WordPressを使った美容室ホームページの自作に必要なものは、

  • ドメイン
  • サーバー
  • WordPress
  • WordPressテーマ

これらの4つです。

ドメイン・サーバー・WordPress

ドメインやらサーバーやら少し難しいと思うので、家で例えると、、

  • ドメイン(住所)
  • サーバー(土地)
  • WordPress(家)

WordPress(家)を作るために、住所と土地であるドメインとサーバーを用意するイメージです!

ちなみにドメインの契約・サーバーの契約・WordPressのインストールは、、

なんとわずか10分ほどで、いっきに終わらせられるんです!!

下記の記事では、エックスサーバーのWordPressクイックスタートを使って10分でできる手順を、画像付きで解説しています。

実際にパソコンが苦手な方も、この記事を参考にスムーズに手順を進められているので、安心して試してくださいね♪

もしパソコンが無い方は、スマホからでもできるので、下記の記事を参考にしてください。

WordPressテーマ

あとはWordPressテーマですが、これは超簡単にホームページをカスタマイズできるようになる、便利グッズのようなものです。

本来ならHTMLやCSSなどの知識が必要ですが、WordPressテーマ(テンプレート)を使うことで、クリックだけで簡単に操作できるようになります!

美容室のホームページ自作におすすめのWordPressテーマは、下記の記事でご紹介しています。

ぜひ使って、初心者でもプロ並みのデザインを簡単に作ってくださいね!

もし上記でご紹介したWordPressテーマ以外を使う場合は、「スマホ対応」のものを選ぶことだけ注意してください。

スマホ対応になっていないテーマを選ぶと、スマホからの集客ができなくなってしまいます。

今はスマホからの集客が8割なので、大切なお客様を逃がさないようにしてくださいね!

Saki

上記の記事のWordPressテーマなら、すべてスマホ対応になっているので、自分で選ぶのが不安な方はぜひ私のおすすめからチョイスしてみてください♪

美容室ホームページの自作④「ページ作成やデザインカスタマイズ」

必要なものが揃ったら、いよいよページ作成やデザインカスタマイズの段階に入ります。

Saki

やっとホームページの自作を実感できる部分に入りましたね!

でもここからはサクッと進められますよ。だって、1番最初にホームページの設計を練ったんですからね♪

ここでやるべき手順は2つです。

  • WordPressの初期設定
  • WordPressのカスタマイズ

まずはWordPressの初期設定をしましょう。

途中で変更するとエラーの原因になるものもあるので、デザインを作り込む前にやっておいてください。

設定といっても、【WordPressの初期設定】インストール後にやるべき8つのことを読んでもらえると、簡単に終わりますよ!

初期設定が終わったら、ここからはWordPressテーマに合わせてカスタマイズを進めます。

最初に練った設計をもとに、集客や成約できる美容室ホームページを作っていきましょう!

美容室ホームページの自作が終わったらやること

美容室ホームページの自作が終わったら、そこからやるべきことが2つあります。

  • 集客のためには読んでもらえる記事を書こう!
  • アクセス解析もしてSEO効果を高めよう!
Saki

集客を考えるなら、ホームページは作って終わりではありません。

実はホームページは、完成してからがスタートなんですね。

でもここを知らずに「完成した!これで集客できる!」と、ホームページを放置して集客できずに悩む人がとても多いです。

せっかくホームページが完成したのなら、必ずその後のやるべきこともやって、確実に集客しましょう!

SEO集客は効果が安定してからは、だんだん放置しても大丈夫になるので、最初が踏ん張りどころです!

集客のためには読んでもらえる記事を書こう!

SEO効果は記事を書くことで高められるので、どんどん記事を書いていきましょう。

ただしこのとき、記事の内容がとても重要で、成功の明暗を分けます。

というのも、日記ような内容では誰も読んでくれず、せっかく書いてもなんの役も果たさない記事になるからです。

「集客のためには、集客できる記事」が必要ですが、「集客できる記事とは、読んでもらえる記事」です。

そして読んでもらえる記事とはズバリ、

「お客様の役に立つ内容の記事」です!

たとえば髪が傷んで悩む方に向けて、「○○すれば傷みを抑えられます!さらにこうすれば天使のような髪にもなりますよ♪」みたいな。

一見これが美容室の集客になるの?と思うかもしれません。

でもまずはその記事によって、ホームページに集客できますよね。

さらに記事を読んでみて、

  • 知識が豊富な美容師だな
  • ここのスタッフさんに切ってもらいたいな

と思ってもらえれば、それが店舗への集客になります。

ただしここで注意点があって、決して「ウチの美容室に絶対来てね!!」と勧誘するのはNGです。

あくまでもお客さまのお悩み解決に徹するだけで、来店のためにと意気込んではいけません。

お客様は「あ、強引に勧誘されてるな」と思えば、すぐにページを閉じてしまいますからね。

Saki

決して売り込むのではなく、あくまでもお客様のタメになるような情報を伝えてくださいね!

下記の記事では、読まれるブログの書き方を5ステップで解説しているので、ぜひこちらも参考にしてください。

アクセス解析もしてSEO効果を高めよう!

記事を書いたらアクセス解析もして、さらにSEO効果を高めましょう。

ホームページの運営は、アクセス解析ツールとセットで使うのが必須です!

アクセス解析には、Googleから出されている「アナリティクス」と「サーチコンソール」がありますが、

アクセス解析ツール分かる事
Googleサーチコンソール訪問前のユーザーの動き
・どんなキーワードで検索したか
・記事の順位やクリック率
Googleアナリティクス訪問後のユーザーの動き
・どのページを読んだか
・何人訪問してくれたか

それぞれこのようなことが分かります。

そしてこのアクセス解析によって、

  • もう少しこのページを改善した方がいいな
  • このキーワードでも記事を書いておこう

と、ホームページの改善もできるようになります。

こうすることで、少しずつSEOの効果を高めて、いずれは放置していも集客し続けられるようになるんですよ♪

Saki

GoogleアナリティクスもGoogleサーチコンソールも、どちらも無料なのでぜひ使ってくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次