【2022年】Webデザインスクールおすすめ9選比較 詳しくみる

Webデザイナーやめとけの理由「フリーランス以外稼げないから」

こんにちは、さくらこです!

女の子

Webデザイナーについて調べていると、よく「Webデザイナーやめとけ」ってワードを見ますが、なんでそう言われてるんですか?やめといた方がいいんでしょうか?

このような疑問にお答えします。

結論:簡単にまとめると、「作業と収入が見合わない・将来性に期待できない」からです。

ですがこれは私が思うに、会社員Webデザイナーの場合で、フリーランスなら問題ないと思っています。

ただ、人や状況によっては、フリーランスもやめとけと言われる場合もあるので、

この記事では、Webデザイナーはやめとけと言われる理由、フリーランスも言われるけど問題ないと思う理由について書いています。

目次

Webデザイナーはやめとけってなぜ?理由4つ【これが末路】

主に会社員での話として書いていきたいと思います。

現実の話として、これが会社員Webデザイナーの末路です。

給料が低い、続けても年収が高くなりにくい

Webデザイナーは正直言って、収入がいいとは言えません。

会社員Webデザイナーの平均収入は下記のとおりです。

  • 平均年収:350万円
  • 平均給料:30万円~40万円

これは年齢や性別を絞らずの全体の平均です。

ちなみに20代~30代の平均は年収は、173万円~273万円という感じ。

地域やスキルによって変動しますが、続けてもあまり年収アップは期待できません。

さくらこ

収入よりも、好きなことややりがいで仕事がしたい!という方には、問題ないかもしれません。

残業が多くブラック系も多い

これは企業の方針や体制にもよりますが、残業が多くブラック気質なところもあるのが現実です。

幸いにも私が勤めた制作会社はホワイトでしたが、やはり納期に迫ると残業は増える傾向でした。

たまにの残業ぐらいなら許容できますが、毎日となると身が持たないですよね。

本当にこればっかりは入社する会社によりますが、最悪なところに入ると精神的にも肉体的にもやられてしまいます、、。

自分好みのデザインはできない

制作物のデザイン傾向やジャンルは、会社の取ってきた仕事に合わせなければいけません。

自分ではこんなデザインがしたいのに!と思っていても、なかなか難しいです。

さくらこ

やっぱり自分の好きなデザインの方が楽しいし、アイデアも浮かびますよね。

できるだけ自分の好みの制作に近づけるには、たとえば「サロン専門」のような、系統の決まっている会社への入社がおすすめです!

もしくは、インハウスデザイナーなど。

ただそういった会社は募集が限られていたり、未経験では難しかったりするので、ある程度経験を積んで挑戦しましょう!

Webデザイナーが増えすぎている

現在Webデザイナーは、飽和状態といわれるぐらい増えています。

これはフリーランスも同様ですが、増えているということは、Webデザイナーとして活動するハードルが上がっているということです。

ネットビジネスが発達するなかで、デザイナーの需要も増えていますが、それでもいい企業であればあるほど応募者も増えています。

対処法としては基本スキル以外の、たとえばマーケティングなんかの知識をつければ、重宝されるのでおすすめです!

フリーランスWebデザイナーはやめとけと言われる理由

それではここから、フリーランスのWebデザイナーがやめとけと言われる理由をご紹介します。

私が思うのは、下記の3つです。

  • 収入が不安定&低収入もありえるから
  • すべて自分でやる分大変なことも多いから
  • クライアントに振り回されるから

それぞれ順番に書いていきます。

収入が不安定&低収入もあり得るから

まずは収入が不安定だったり、低収入もあり得るという理由。

これはWebデザイナーに限らず、個人で活動するなら必ず関係してくる悩みですよね。

とくにWebデザイナーに重点を置いて考えるなら、上でも挙げたように「Webデザイナーが増えている」ことに関係してきます。

需要に対して少なければ1件あたりの単価も大きくできますが、現状では価格競争に巻き込まれている方も多いです。

薄利多売となると体力的にも辛いので、スキルを身につけるなりして、自分のWebデザイナーとしての価値を上げるしかありません。

すべて自分でやる分大変なことも多いから

フリーランスとして完全に1人でやる場合は、すべて自分でこなさなければいけません。

すべて自分の思い通りに進められる分、作業内容によっては結構大変なことも多いです。

さくらこ

私はフリーランスになりたての頃、自分を追い込み過ぎてかなり疲弊していました。

フリーランスと言えど、チームを組んだり一部は外注するなど、楽に仕事をする方法はたくさんあります。

必ずしも1人で全てをやる必要はないので、自分に合った方法を考えながら、楽しんで仕事をしてくださいね!

クライアントに振り回されるから

正直、クライアントの全員がいい人なわけではなく、すんなり制作が進まないこともあります。

できる限り要望に応えても、キリなく何度も何度も変更を依頼してくるクライアントもいます。

最初に「こんな理由でこうした」と伝えても、「いやこうしてほしい」と言われ、

「それだとこうなる」と伝えても、どうしてもと言うから変更したのに、「やっぱり元に戻したい」なんてこともありました。

さくらこ

「何でもかんでもその場の気分で言ってくるんじゃねー!!」なんてこと言えるわけもなく、、

この時に学び、今でも大事だと思っているのは下記です。

  • 修正回数上限を設ける
  • 制作の意図をもっとうまく伝える
  • それはできないと断る勇気をもつ

このようなことができないと、無駄な作業が増え、苦労するのは自分自身です。

しっかりと線引きしながら、お互いにとって気持ちのいい取引を行ってくださいね!

稼げるWebデザイナーなら「フリーランス」を目指そう!

上でも書いたように、会社員でもフリーランスでも、良い部分悪い部分はあります。

それでも稼げるWebデザイナーとして活躍したいなら、フリーランスが断然おすすめです!

会社員なら収入の上限があり、長く働き続けても年収アップには期待できません。

その点フリーランスには上限がなく、もちろん不安定な部分はありますが、それは工夫次第でどうにでもなります。

それにWebデザイナーは、フリーランスになりやすい職業です。

作業や時間の融通も利くので、ライフステージの変化が大きい女性にはとくにおすすめですよ!

さくらこ

完全に自分の好きなデザインで仕事できるのも、フリーランスの特権ですよ!

フリーランス目指すなら「仕事にする」が学べるスクールを選ぼう

未経験からフリーランスのWebデザイナーを目指すなら、「フリーランスや副業をゴールとした」スクールに通うのがおすすめです。

なぜかというと、フリーランスは「稼ぐ方法」を知る必要があるから。

転職ならそれなりのスキルがあればいいですが、フリーランスならそうはいきません。

フリーランスは、下記のように「技術」以外の部分も知る必要があるからです。

  • 仕事を取る方法
  • 仕事の進め方
  • 次の仕事に繋げる方法

フリーランスは、どんなにいいものを作れても、そもそも仕事を取れなければ収入になりません。

そして仕事の進め方や次への繋げ方が分からなければ、そこで終わってしまいます。

なので、技術だけでなく、『仕事にする方法』まで学べるスクールを選ぶようにしてくださいね!

『仕事にする』まで学べるスクールはこちら

下記の記事では、安く学べるおすすめのスクールも紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次