【2022年】おすすめWebデザインスクール9選比較はこちらから>>

Webデザイナーのやりがい5つ「フリーランスの場合の3つも」

こんにちは、さくらこです!

女の子

Webデザイナーとしてのやりがいって何ですか?

このような質問にお答えします。

大きく分けると私の場合は、下記の3つのやりがいを感じています。

  1. 制作そのものに対するやりがい
  2. クライアント(お客様)に関するやりがい
  3. 自分自身に関するやりがい
さくらこ

Webデザイナーには、たくさんのやりがいがありますよ!

この記事では、上記のやりがいについて、順番にご紹介したいと思います。

目次

Webデザイナーが制作のときにやっていること

まず、Webデザイナーのやりがいの前に、どのような事をやっているのか簡単に解説します!

Webデザイナーが仕事で行うことは、主に下記です。

  1. クライアントへの制作やデザインに関するヒアリング
  2. 目的に合わせてレイアウトなどを考える
  3. 決まったレイアウトに沿ってデザインを考える
  4. コーディング、もしくはノーコードツールで制作

これらを順番に進めていきながら、最後にクライアントへ納品してやり取りが完了となります。

さくらこ

もっと細かく言えば間にもいろいろありますが、大体はこんな感じの流れです!

このような全体を通して、最初に書いたような、「制作・クライアント・自分自身」に関するやりがいを感じています。

それでは実際に私が感じているやりがいについて、次の項目からご紹介していきたいと思います!

Webデザイナーがやりがいを感じる5つのこと

私がWebデザイナーとしてやりがいを感じること&瞬間は、下記の5つです。

  • 自分で考えた構成やデザインを形にできる
  • クライアントの悩みを自分が解決できる
  • クライアントから褒められた&感謝された
  • 使用ユーザーの実際の反応を知れた
  • いろんな業界の知識や情報を知れる

自分で考えた構成やデザインを形にできる

自分で考えた構成やデザインを形にできることは、Webデザイナーの仕事の醍醐味ではないでしょうか。

サイトの構成やデザイン、もしくは名刺なんかのグラフィックデザインでも、正解はありません。

0のところから自分で考え、創り出す。

たまには生みの苦しみもあるけど、過程の楽しさやそれが完成したときの達成感はそれ以上です!

クライアントの悩みを自分が解決できる

クライアントの悩みを「自分が」解決できるのも、Webデザイナーとしてのやりがいです。

たとえばホームページなら、クライアントの「集客したい」「売上をアップしたい」の悩みを解決するために制作をします。

実店舗やチラシ、SNSでは解決しきれない悩みを、自分の技術とデザインを用いて解決に導きます。

Webデザイナーは制作を通して、相手の悩みを直接解決できるので、責任も大きい分やりがいも大きいですよ!

クライアントから褒められた&感謝された

とくにデザインの部分に多いですが、クライアントからお褒めの言葉や感謝を頂いたときは、めちゃくちゃ嬉しいです!

さくらこ

「Webデザイナーやっててよかった~!」と思う瞬間です!

私はデザイン案を送るときなど、気に入ってもらえなかったらどうしよう、とけっこう不安になるタイプです。

なので「デザインめちゃくちゃ素敵!」「こんな部分も考えてくれてありがとう!」なんて言われると、1人でニヤニヤしてしまいます(笑)

使用ユーザーの実際の反応を知れた

私は納品後も、1ヶ月ぐらいは微修正やレクチャー期間として設けています。

なので納品後もクライアントとやり取りする事が多いんですが、その間に利用したユーザーの声を直接聞けるのも、とても嬉しいことだと感じています!

もちろんクライアントに喜んでもらえるのも嬉しいけど、やっぱり1番重要なのは実際の利用者の声です。

ホームページにしろリーフレットにしろ、デザインや使いやすさなどの感想は、とても有難いです。

さくらこ

今後の制作のためにも、クライアントにユーザーの声を聞いてみるのはおすすめですよ!

いろんな業界の知識や情報を知れる

制作をするときは、その制作に関する業界や情報を聞いたり、調べたりします。

なので、自然とその業界の知識なんかが身につくんです!

とくに私は基本的にサロンに特化したデザイナーとして活動しているので、どんどんサロンの知識が身につきます。

さくらこ

気持ちだけでも美意識は高くなっている、、気がします!!笑

知識が身につくと次の制作に役立つし、私の方からの提案もできるようになります。

完全な受け身だけではなく、自分からも情報を提供できるWebデザイナーになりたいですよね!

フリーランスWebデザイナーとしてのやりがい3つ

ここからは、フリーランスとしてのWebデザイナーのやりがいを、3つご紹介します。

  • 身につけたスキルで幅広く貢献できる
  • 自分で仕事を取り完遂できる
  • 上限なく収入アップできる

身につけたスキルで幅広く貢献できる

フリーランスには仕事の幅や限定がありません。

自分ができるなら何でもやっていいし、むしろどんどんやっていくべきです。

またサロン関係のクライアントの話になりますが、自分にスキルがあることで

  • ロゴ
  • 名刺やショップカード
  • リーフレットやチラシ
  • メニュー表

など、ホームページに限らず、幅広く貢献することができます!

さくらこ

Webデザイナーとして、デザインのことであれば、多方面から貢献できるのはやりがいがありますよ!

自分で仕事を取り完遂できる

そもそもフリーランスは、自分で仕事を取ってこなければいけません。

どんな風にして自分を売り出すかを考えながら、実際に仕事を取れたときの喜びは大きいです!

また、Webデザイナーは全ての工程を1人でこなせるので、完遂できる達成感や喜びもあります。

さくらこ

完遂できた仕事が増えるごとに、自分の自信にも繋がっていきますよ!

上限なく収入アップできる

収入の上限がないことも、フリーランスの特権です。

会社員の場合は歩合制でない限り上限がありますが、Webデザイナーにはほとんど上限がありますよね。

ですがフリーランスなら、自分の実力に応じて単価もアップできるし、こなす数や工夫次第でどんどん収入を増やせます。

Webデザイナーならたとえば下記のようなことで、収入を増やせます。

  • 難易度の高いスキルを身につける
  • 需要はあるのに供給が少ないことをする
  • 周りには無い自分だけの価値を出す

身につける内容にも自由が利いて、比較的収入もアップしやすいですよ!

さくらこ

収入が上がれば嬉しいし、上限が無い分やる気にもなりますよ!

Webデザイナーはやりがいがある!自信の無い人ほどやってみて!

Webデザイナーには、やりがいがいっぱいあります!

  • 自分で考えた構成やデザインを形にできる
  • クライアントの悩みを自分が解決できる
  • クライアントから褒められた&感謝された
  • 使用ユーザーの実際の反応を知れた
  • いろんな業界の知識や情報を知れる
  • 身につけたスキルで幅広く貢献できる
  • 自分で仕事を取り完遂できる
  • 上限なく収入アップできる

それに、そのやりがいは、自分にとっての自信に繋がるものが多いです。

なのでWebデザイナーは、自信の無い人ほどやってほしい職業だと思っています!

やりがいのある仕事がしたい、自分に自信をつけたい、そんな方はぜひやってみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次